archives of BI@K

CSS: default alternative
(要cookie)

toppage memoranda

(ここはbewaad institute@kasumigasekiの過去ログ倉庫です。コメント等は仕様上受付けを停止しておりませんが、こちらではご遠慮いただければ幸いです。何かございましたら、現行サイトにお願いいたします。)

2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|

2005-09-05

[movie]ヒトラー〜最後の12日間〜

1ヶ月以上前に観ようと決意し、その後タイミングが合わかったなどの理由で叶わぬまま今に至りましたが、ようやく観ることができました。現時点におけるwebmasterが観た今年最高の映画でした。何が良かったといって、StG44やMP40、パンツァーファウスト(発射シーンがあればなお)にティーガーI、T34-85などのよくできたレプリカが・・・ではなくって(いや、もちろんそれらも良かったのですが)、当時のヒトラー周辺の雰囲気が丁寧に描かれていて、しかも俳優陣の熱演がそのリアリティをいやましていることです。

日本人が観ることなど念頭になく作成されたでしょうから、各登場人物が誰かなどと親切に説明がされることなどないのですが、ヒトラーはもちろんのこと、ゲッベルス夫妻、エヴァ・ブラウン、シュペーア、ヴァイトリンク、カイテル、ヒムラー、ゲーリングといった主要関係者は出てきた瞬間にそれとわかるほどキャラがきちんと立っていました(ボルマンだけはちょっとイメージと違いまして、もっとあれこれ口出ししていたように思うのですが)。サンクト・ペテルブルクの風景(を借りた当時のベルリンのイメージ)とあわせ、作品世界への没入へ容易に誘ってくれます。

ことは第三帝国の終焉を描いているわけで、安直な総括は避けたいと思いますが、通常文字で読むことしかできない状況を質の高い映像で体験できることには十分価値があります。当時に関心を持つ人間には必見といえましょう(逆にそうでないと、わからない部分が多くなり、上映時間の長さと相俟ってしんどいかもしれません)。

[misc]吉川ひなの@伊勢丹新宿店

上記のための整理券をもらってから上映までの時間つぶしで立ち寄った際に、生で吉川ひなのを見ました(イメージキャラクタになっているジーンズブランド関連のトークショウが終わったところだった模様)。絶対値としての顔の小ささや体の細さは一般人でも見られないことはないな、というレベルなのですが、何より常人離れしていたのが手足の長さ。同じぐらい顔の小さい人はいてももっと小柄ですし、同じぐらい細い人はいてももっと手足が短いわけで、全体としてのバランスはやはりそれで金を稼ぐだけのことはあります。プロってすごいですねぇ・・・。

[comic]現在官僚系もふ・第22話

最初の要求説明での係レベルの発言が査定内容を縛るというなら、主査や主計官や主計局次長や主計局長は何のためにいるのかと小一時間。まあそもそも新規要求の説明先が主査でないというのは変ですし、相手がキャリアでないというふざけた理由で応対を拒否したら、出入り禁止の上ゼロ査定とされても文句は言えないでしょう。だいたいもふも係として出番を与えられているわけで、政策論争ではなく積算をめぐっての議論でもさせないと嘘っぽいのですが。

本日のTrackBacks(全1件) [TrackBack URL: http://bewaad.sakura.ne.jp/tb.rb/20050905]

asin:B000AC2V5K:detail DVD、キタ━━━━━(゜∀゜)━━━━━!!!! パンフレットが入っていて親切ですが、劇場パンフレットとは異なる内容のようです。ていうか、劇場パンフレットをどっかになくしてしまったので比較できない・・・。 あと、特典ディスクにはスタッフ..


トップ «前の日記(2005-09-04) 最新 次の日記(2005-09-06)» 編集