archives of BI@K

CSS: default alternative
(要cookie)

toppage memoranda

(ここはbewaad institute@kasumigasekiの過去ログ倉庫です。コメント等は仕様上受付けを停止しておりませんが、こちらではご遠慮いただければ幸いです。何かございましたら、現行サイトにお願いいたします。)

2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|

2006-01-24

[economy]ホリエモン逮捕

かつて書いたことの延長線でいくつか考えてみると・・・。

  • 国策捜査という意見もある今回の事件ですが、誰よりも本人が抵抗勢力にはめられたとでも思っているんでしょうねぇ。具体的な因果関係があるわけではありませんが、人を呪わば穴二つというか、世間への強迫観念が脇の甘さを招いたという気も。
  • 今回問題とされているM&A等に当たってのコンプライアンスにおいて彼にエクスパティーズがあるわけでなく、彼の引力が吸い寄せたのでしょう。その意味では彼は(刑事法的にはともかく)「主犯」です。
  • 昔はそうして引き寄せられる者を「悪党」と書いたわけですが、今回彼とともに逮捕された人々は悪意を持って彼に近づいたというより、共依存の関係にあったというように見えます。彼から見れば道具としてエクスパティーズを認めて使ってやっているということになりますが、逆から見れば彼もまた日の目を見なかったエクスパティーズを実現させるための道具に過ぎなかったということになります。その意味だと「従犯」であるとも考えられるわけで。
  • ちなみに、エンロンとの類似とかマーサ・スチュワートとの類似が語られていますが、webmasterの目にはマイケル・ミルケン@ドレクセルの姿が重なります(グレーゾーンを暴れまわってブラックとホワイトの境界を画定したあたり)。そのうち「ウォール街」のように映画化(笑)? 「息子よ、無一文になったらいつでもここへ帰ってきなさい」なんていう台詞など全く同じテーマというかそのまま使えそう。
本日のツッコミ(全15件) [ツッコミを入れる]
すなふきん (2006-01-24 07:46)

国策捜査ねえ。佐藤優氏が鈴木宗男事件にからんで検察官から言われたらしいですけど。だからありえない話でもないとは思うのですが。しかし「抵抗勢力」に巻き返す力なんてないでしょう。どうもよくわからないんですよね。耐震偽装の方がより爆弾抱えてて、そっちからの関心逸らしという方が月並みですが当たってるのかも。

truly_false (2006-01-24 09:29)

「これはよい国策捜査です」by大谷昭宏(『スパモニ』中)

Baatarism (2006-01-24 09:38)

陰謀論はいろいろ飛び交ってますが、もしあったとしても、せいぜいフジサンケイグループの一部社員が暴走して検察にリークしたくらいが関の山かと。w
検察の最初の情報源がどこかは気になりますけどね。

しかし佐藤優氏は見事に国策捜査という言葉を定着させましたね。この言葉は今後も長く使われていくことでしょう。w

名無之直人 (2006-01-24 10:08)

姉歯とか既に過去の人になりかけてますしね。笑

私は今回のライブドアショックは恣意的にこのタイミングで起こされたと考えています。それはライブドアやホリエモン個人に対するものどうこうとかではなくて、人為的な株式相場の調整を入れる事自体が目的の一つだったのではないかと思います。ライブドアの立件は、大蔵の手も日銀の手も直接使わずに行える公的市場介入でしたから。

危険ですが、日銀の金融政策変更(量的緩和解除)前に行っておく必要があったという事ではないかなぁ、と。

このタイミングが選ばれた一つの理由には、イランリスクがこれ以上表面化してくる前に人為的なショックを一度市場に与えて、投資家層に警告を与える意味合いがあったのかもと想像(妄想)してみてます。投資マインドを予め冷やし込んでおいた方が、これから市場が大幅に落ち込んだ時の個人金融資産の含み損は小さくなる筈ですから。

日本のニュースはライブドアショックとホリエモン逮捕で埋まっておりますが、ドバイ原油が60ドル台を越え、NY原油が再び70ドル台を伺い始めてて、緊張の度合いは確実に高まっています。

バーナンキの船出は穏やかなものにならない可能性が高まってますね。

徳保隆夫 (2006-01-24 12:06)

佐藤さんの「国家の罠」における「国策捜査」はいわゆる陰謀論とはかなり趣を異にするものなのですが、「国策」という言葉が悪いのでしょうね。
ところで今朝の各社報道によると、検察がライブドアの内偵を始めたのはニッポン放送株の時間外取引の違法性が取りざたされた際とのこと。選挙中は「捜査」段階で結果に影響を与えてはいけないとの判断から一時中断、秋の内偵再開以降の詰めが効いて今回の強制捜査・逮捕へと至ったのだそうです。佐藤さんは「検察の見ている世論とはマスコミではないか?」と疑いましたが……。

(2006-01-24 13:46)

いんぼう論的に考えれば今回得してそうなのは公明党だから学会が黒幕なんじゃないかと思ったりします。検察に会員が結構いるらしいですし。マンション偽装問題の影は薄くなり、森派や自民党執行部にも打撃があり、外交政策などで相性が悪い安部つぶしもできるし、圧勝して勢いがある自民党が弱くなってほしい公明党にはいいことなんだろうと思います。

Baatarism (2006-01-24 14:22)

http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20060124k0000m040173000c.html

この記事によると「端緒はマスコミなどからの情報提供で、」とあるから、やはり「きっかけはフジテレビ」なのかなあ?(爆)

あとトラックバックされている47thさんの記事には唸らされました。今回の件で多くの人が感じていた気味悪さとはこういうことだったのかもしれませんね。

A型インフルエンザ (2006-01-24 17:53)

それにしてもテレビってのは恐ろしいですな。
自分たちの番組に出しまくって、堀江さんのキャラ付けをし、
LDの株価上昇&クリック数増加という「錬金術」の
片棒担いだのは他でもない民放テレビ局のはずなんですけどね。
ニッポン放送との抗争の時はどこも堀江さんの味方をして分割の
こととか触れなかったのに、今では手のひら返すように
バッシングをして。「汗水働くことが美徳」という文言が
飛び交っていますが、規制の上でビジネスをしているマスコミには
適用を免除されるんでしょうか。
こうも自己批判のかけらも感じさせない放送を
毎日見させられていると、「規制によって良質なメディアが
形成される」、という言説が笑えてしょうがないんですが。

koge (2006-01-24 19:30)

確かにメディアの掌返しっぷりは怒りを通り越して笑ってしまうくらいですが…。
私も昔その世界を目指していたことがあるんですが、その際あるTV局の人から
「TVの作り手っていうのは、『良質』な物を作る人も『悪質』なものを作る人も、とにかく視聴率=多くの人に見てもらうことが信念で、そのためにはスポンサーすらないがしろにする、これは新聞とかも含めたメディアの性(さが)だ」
と聞いたことがあります。(ネットでもページビューを異様に気にする人多いよな…)
それから考えると、マスメディアこそその国の民主主義をもっとも体現するものなんじゃないでしょうか。
最近警察による犯罪被害者の氏名非公表問題など、メディアを規制しようという動きが高まっていますが、それはそのような報道被害など民主主義の暴力を非民主の暴力を使ってでも抑えなければという危機感が(われわれを含めて)あるのではないでしょうか。民主主義と非民主、どちらの暴力を抑えたほうがいいのかは判断保留しますが。

とーにゅー (2006-01-25 00:30)

本題と関係ありませんが、「エクスパティーズ」は“expertise”なんですよね? 英語で表現することでどういうニュアンスを出そうとしていらっしゃるのでしょうか?「コンプライアンス」もずいぶんと人口に膾炙しましたが、やはり、どういう効果を狙って使われているのか分からない語の一つです。「法令遵守」だと露骨すぎるんでしょうか)

酔っぱらい (2006-01-25 05:19)

とーにゅー様、

「エクスパティーズ」、bewaad様が思う意味はご本人にしか分からないのですが。

いま国連の下部組織の会合に参加しており(厳密には懇親会で酔っぱらってホテルに帰ってきて書き込んでおり)、これもジュネーブから書き込んでいる、人間としては、カタカナにすること自体には特別な意味はありません。単に、自分の気分にドンピシャな単語が英語にあったから使っているだけです。いえ本当にそれだけ。

英語モードの私はexpertiseを日常で使います。今日も懇親会で使いました。そもそもお前、なんでこんなところで油売ってるんだ?うーん、実はね、俺の本業(expertise)はxxでさ、それがあーでこーで、お前も知っての通りxxがxxなのでちょいと商売替えしなきゃいけなくてね。えへへ。ごめん、つーわけで俺、自分のプレゼン、深いところでは理解してない。お手柔らかに願うわ。そーか、お互い苦労するなあ。とりあえず乾杯、、、酔っぱらったイギリス野郎と日本男児の実況中継でした。

「本業」「専門性」「凄み」「売り」

これを一言で言い切りたい時、expertiseは便利です。

英語には英語の単語があり、それは日本語とは微妙にずれます。そして「自分の気分にドンピシャ」な単語は、日本語のこともあれば、英語のこともあります。早い話が前述の会話、expertiseの所に「本業」「専門性」「凄み」「売り」のいずれを入れても成立するでしょ? 懇親会での現実の会話では私、「凄み」を強調したくてexpertiseを使いました(つまり、、、今日のプレゼンはイマイチだったが、専門分野なら負けないぜ、という負け惜しみです(鬱))

変な横文字に飽き飽きしておられるのでしょうが、ごめんなさい、深い意味は(私の場合)ありません。便利だから使っただけ。

bewaad (2006-01-25 08:16)

>皆様
このツッコミのタイムスタンプをご覧いただければご賢察いただけるような状況ですので(というか早く出勤しろよ自分(笑))、後でのお答えをお許しいただければと思います。失礼しました。

bewaad (2006-01-26 04:23)

>国策捜査
本日(26日)のエントリで取り上げてみました。といっても徳保さんの(ひいては佐藤優さんの)受け売りですが、タイミング等についての若干の裁量はともかく、基本はいんぼう論敵的なものではないと理解しています。

bewaad (2006-01-26 04:28)

>メディア
↓のエントリがご参考になれば幸いです。
http://bewaad.com/20060120.html#p02

bewaad (2006-01-26 04:36)

>とーにゅーさん、酔っぱらいさん
頭に浮かんだ言葉を深く考えもせず使ってしまったというのが正直なところです。もうちょっと読み手のことを考えて言葉を吟味したいと思います。

本日のTrackBacks(全3件) [TrackBack URL: http://bewaad.sakura.ne.jp/tb.rb/20060124]

日本では堀江氏とライブドア幹部の逮捕について、どういう受け止められ方をしているのか、今ひとつよく分からないのですが、私個人的には、実に暗澹たる、というか、やりきれない気持ちで今回のニュースを聞いています。特に暗澹たる気持ちになったのが、このasahi.comの..

各メディアでホリエモン叩き、堀江を利用しての自民叩きが激しいがその堀江を「時代の寵児」ともて囃していたのは他ならぬマスコミである。
その中でも朝日新聞と民主党の手の返し方が本当に凄い過去の新聞記事を見つつ、簡単に振り返ってみる。

各メディアでホリエモン叩き、堀江を利用しての自民叩きが激しいがその堀江を「時代の寵児」ともて囃していたのは他ならぬマスコミである。その中でも朝日新聞と民主党の手の返し方が本当に凄い過去の新聞記事を見つつ、簡単に振り返ってみる。


トップ «前の日記(2006-01-23) 最新 次の日記(2006-01-25)» 編集