archives of BI@K

CSS: default alternative
(要cookie)

toppage memoranda

(ここはbewaad institute@kasumigasekiの過去ログ倉庫です。コメント等は仕様上受付けを停止しておりませんが、こちらではご遠慮いただければ幸いです。何かございましたら、現行サイトにお願いいたします。)

2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|

2006-04-21

[politics]竹島周辺海域での海洋調査

偶発事態のおそれがないわけではないようで、なぜwebmasterがそう思うかを。

現状はいわば「王手飛車取り」状態で、日本が圧倒的優位にあります。「王手」は調査船が入って調査を行うことで、となれば拱手傍観は経緯上韓国にとって採り難い選択なのですが、拿捕等に及べば国際的非難の対象になることは避けられません。「飛車取り」はそうなることを嫌って韓国側が命名提案を取り下げることで、そんなことをしようものなら国内での政治状況は日本に負けたとなって政権の致命傷につながってしまうおそれが多分にあります。

しかし、そのような状況に持ち込んだ日本としても、当然ながら王が逃げて飛車を取る‐命名提案の取下げを条件に調査を取りやめる‐ことを期待しているわけですから、韓国が国民的熱狂に駆られて開き直り、王を取れるものなら取ってみろとしたときに王を取れるかどうかは悩ましいところです。具体的には、命名提案は絶対に取り下げない、調査に来たら絶対に拿捕すると韓国が宣言して警備艇をEEZ境界線上に配備したとき、拿捕されることがわかっていながら突っ込んでいけるのかということです。

さらに悪いケースを考えるなら、王を取ってうまく国際的非難を韓国が浴びるようになったとして、某国の国際連盟脱退のようにそんな国際社会ならこっちから出て行ってやるといったことになりはしないかと。同一民族の片割れが国際社会に背を向けることを辞さない現状を見るに、そうした可能性はそれほど低いわけではなかろうと考えざるを得ません。

現実的な解としては、直接交渉でうまい妥協が成立する可能性は低いでしょうから、第三国‐といってもアメリカしか考えづらいですが‐による仲裁に期待するところ大ではありますが、上記のような可能性を考えると、客観的に公平な仲裁案では韓国が納得せず仲裁そのものを蹴飛ばすおそれがあり、期待が叶わないことも想定しておく必要があるでしょう。

かくして、日本がいくら冷静に外交交渉でといっても、相手に交渉する気がなければ成立しません。ここまでは韓国側の事情を主として考えてきましたが、そのように緊張が高まった段階では、日本が外交交渉を呼びかけるのみで韓国の実力行使を事実上容認しているかのように日本国内で受け止められた場合、その政権が国民の支持を得られるかどうかという問題が生じてきます。そうした段階に至ってしまえば、偶発的武力衝突の可能性を自認しつつも、竹島周辺海域で日韓がにらみ合う事態も覚悟せざるを得ないでしょう。

最大の問題は、そのような可能性があるにもかかわらず、ではどのような解決の妙案があるかと考えてもこれといったものが浮かんでこないことです。もちろん韓国がまともになってくれればよいのですが、ならばそもそもこのような事態になっているはずもなく。戦争というものは、こうして始まっていくんですかねぇ・・・。

[economy][WWW]投資力検定

potato_gnocchiさんBUNTENさんにつられて。

日経マネー投資力検定の成績:
http://www.toushikentei.jp/

●受験日 2006年4月20日
●点数 72点/100点(平均66.1点) ●偏差値 53.9
●マネー検定2級
●知識レベルの高い投資家です。実戦で、自分の強みを磨いてください。
●得意な分野は 基礎力と銘柄力とチャート力と感応力
●不得意な分野は ありません
●分野別得点
 ニュース力:11 基礎力:15 銘柄力:15 チャート力:15 感応力:16

第1回 日経マネー検定!

実際に株式投資をしているわけでなく、業界ニュースや相場慣行にはまったく不案内なのでこんなものだと思いますが、曲がりなりにも投資家として知っているべき事項を問う検定において、サンクコストや割引現在価値、MPT(Modern Portfolio Theory)に関する質問が1つもないのはいかがかなものかと。

本日のツッコミ(全25件) [ツッコミを入れる]
randomreading (2006-04-21 07:44)

おっしゃるとおり、国際法を尊重するつもりのある国が相手なら王手飛車取りなのでしょうが…
拿捕される事態に至った場合の国際世論の反応ですが、国際法に理解のあるような至極限られた層においては「韓国は無法だな」という理解が得られたとしても、各国の一般世論は「日本は大国のくせに小国をあそこまで追い込んで大人げない」という心情を抱いてしまわないでしょうか?(日本の世論ですらその辺心許ない…)各国の指導者層も世論に押されて良くて中立的、悪くすると日本に反対する立場を取ってしまいそうな気がします。
国際世論へのアピールをよほど巧みにしないとまずい感じがします。(そして日本が伝統的にそれを苦手とするのは皆様ご案内の通り…)

potato_gnocchi (2006-04-21 07:57)

TBありがとうございます。投資力検定は、単に日経マネーが想定する投資家のレベルがその程度ということなのでしょう。株式投資をしたがる人は、リスクとリターンをきちんと取ると、ありえないくらいのリスクをとらないと取れないリターンを期待している場合がありますから、MPTみたいなことを言うと…(笑)

韓国の問題に関しては、私は嫌韓厨ではありませんが(自称)、日本国内で「そこまでやらなくても」的世論が新聞・テレビあたりから台頭してしまうリスクはあるような気もしています。

相変わらずだな (2006-04-21 09:16)

拿捕まで持って行くんだよ。
観測船には拿捕に備えさせろ。
記録を完璧に取れるように準備して、拿捕させろ。

Baatarism (2006-04-21 09:47)

僕もこの問題は考えていたのですが、ここは韓国が調査妨害に出た時点で、おとなしく引き下がるという方針で良いと思います。
何故なら、そもそもこの調査は海底地名に関する国際会議にデータを提出するためのものですが、韓国が調査妨害を行った場合、その会議で韓国側は不利となり、韓国側の提案がそのまま採択される可能性は低いでしょう。会議が韓国側のやり方を認めてしまえば、同様の争いがある他の海域で、同じようなことを行う国が出てきて、国際紛争の可能性が高まってしまいますから。
日本は会議で「双方が提案を提出するまで、この海域の地名については棚上げしましょう」と言えば良いのです。会議が日本の主張を認めれば、韓国側は日本の調査を容認するか、自国の提案を先送りするかの二者択一を迫られます。恐らく韓国は盧武鉉政権終了までは先送りを選び、次の政権に課題をゆだねるでしょう。

アルベルト (2006-04-21 11:16)

私はこの件は強硬策で行くべきと思います。
本件のように歴史問題と元来直接関係ないものを植民地支配と結びつけて国内のナショナリズムを煽り強行突破しようとする韓国現政権の戦術は「結局歴史問題と絡めて言いがかりをつけてくるだけ」という右翼の言説に正当性を与えるものであり、真剣に日韓関係の改善を図ろうとするリベラル勢力にとって許し難いやり口だと思います。
正当性のない問題に歴史を絡めようとしても何も得られない、ということをこの機会にはっきりとわからせるべきです。

さつなん (2006-04-21 12:36)

海保の測量船に随伴している巡視船には20mm機関砲を搭載している船もありますよね。(さらに船内の武器庫には小銃および拳銃も備えてあるはず)
今回の調査活動においては不足の事態に備えて執行実包を装填してあるのかしら?
多分、たぶん・・ですけど、もしかして非武装だったりして・・
なーんてことは・・おもいっきりありそうですね
しかし相手方が実力行使に及んだ場合、無抵抗で拿捕されるというのも問題あるような・・・。
ま、どーでもいい疑問ですが。

普通の国バンザイ (2006-04-21 12:53)

今が普通、これで正常と思える日本になってほしい
日中も日韓も、やっと普通の関係になった

Baatarism (2006-04-21 13:05)

なんだか、僕の意見が一番ハト派のようですね。普段は嫌韓的な意見が多いんですが。w
強硬策にも一理はあると思うんですが、観測船を拿捕させて優位に立とうとすることだけは止めた方が良いですね。
もし強硬策をとるのであれば、自衛隊を出動させて観測船を徹底的に防衛すべきでしょう。その結果、韓国軍が出てきて軍事衝突になるとしても、それは強硬策をとる以上は覚悟すべき事だと思います。
観測船はおとなしく引き下がらせて6月の会議で韓国側の非を訴えるか、軍事衝突覚悟で観測船を徹底的に守るか、その二者択一だと思います。

sweetfish (2006-04-21 13:09)

「王手飛車取り」、上手い言い回しですね。
 昨日の話ではないですが、やると言った以上さっさとやって、王を取って勝負を決めるべし。(それこそ小泉首相のキメ技。)

 当方225メインで相場張ってますが、どれだけ切り取るかの次元では、相場と似た構造が見えてきますね。
 とか言いつつ、テストはwebmaster様に惜敗です…。
●受験日 2006年4月21日
●点数 71点/100点(平均65.9点)
●偏差値 53.3
●マネー検定2級
●知識レベルの高い投資家です。実戦で、自分の強みを磨いてください。
●得意な分野は 基礎力と銘柄力とチャート力と感応力
●不得意な分野は ありません
●分野別得点 ニュース力:10 基礎力:15 銘柄力:9 チャート力:17 感応力:20
 

koge (2006-04-21 19:54)

>某国の国際連盟脱退
そういえば当時朝鮮半島はその某国の領土だったんですよね。
さらにその前に朝鮮半島を服属させた世界帝国は、それまで無敗だったのに次に攻め込んだところに2連敗して結局攻略できませんでしたよね。
…東洋のイタリア?

Deki (2006-04-21 23:36)

今回の事を将棋に例えてましたが、日本政府の狙いを将棋に例えると、大手飛車取りどころか『国連というタイトルを狙い』に行った感があります。
ご存知の通り、国連事務総長が今年で代わります。反日の強い韓国から国連事務総長が出た場合、日本の常任理事国入りは絶望的になるでしょう。
日本としては、今回の件を示すだけで、あとは事務総長立候補者が居る国が自動的に取り上げてくれます。
しかも韓国の候補者は国際法を無視する発言をしました。これは今回の成果の一つです。
日本としては、次の事務総長の間に常任理事国入りを果たすつもりでしょう。
これが国連というタイトルをかけた日本と韓国の戦いで、七番勝負の一戦目にすぎません。
日本が勝てば日本の常任理事国入り、韓国が勝てば韓国人国連事務総長誕生。
おそらく日本は既に二戦目に向けた体制も整えているのではないでしょうか?

bewaad (2006-04-22 13:08)

>randomreadingさん
こういう文脈での拿捕は武力行使に準ずるものと解されるでしょうから、国際世論を味方につけることができるかどうかは個人的にはあまり心配していません。それよりもエントリに書いたとおり、国際世論を味方につけることがあまり意味を持たない場合が心配です。

bewaad (2006-04-22 13:10)

>potato_gnocchiさん
MPTはともかく、サンクコストは絶対に啓蒙すべき概念だと思いますが、それらは日経マネーの売り上げをかえって落としかねないので望んでも仕方がないのかな、と今になって思います(笑)。

bewaad (2006-04-22 13:11)

>相変わらずだなさん
突っ込む以上は当然の備えですが、果たしてその覚悟ができるのかな、というのはエントリに書いたとおりです。

bewaad (2006-04-22 13:14)

>Baatarismさん
ご提案に問題があるとすれば、むしろ日本国内でそれが受け入れられるかという点にあると思います。それこそ先日話題の湛山の意見が戦前にどう受け止められたかを考えれば、ご提案のような対応は弱腰だとのレッテルが貼られるようにならないとは言い切れないのではないでしょうか。

bewaad (2006-04-22 13:19)

>アルベルトさん
韓国内の良識派に期待したいところですが、それが与野党対立の文脈にはめこまれてしまうあたり、これまた某国の政友会と民政党の対立から統帥権干犯問題が噴出した歴史を(ry

bewaad (2006-04-22 13:23)

>さつなんさん
多分実包は持っていっていると思うのですが(確たる根拠はありません)、しょせんまともなROEが整備されていない以上、それは二の次の問題かな、と。まともなROEが整備されていなければ、現場の責任者に過酷な選択を迫らないためにも、かえって持って行かせないという決断を政治に求めたい気もします。

bewaad (2006-04-22 13:27)

>sweetfishさん
今回の問題を乱暴にまとめるなら、王手飛車取りに対して盤をひっくり返すおそれがある者が相手だという構造でしょうか(笑)。

検定は、高得点と実際の投資成績にゆるい相関ぐらいはありそうですが、それ以上のものではなさそうですから、BUNTENさんがそうであるようにネタと割り切るのが吉ではないかと。

bewaad (2006-04-22 13:29)

>kogeさん
きちんと最後には勝者側に立ち回っているイタリアに対して失礼ではないかと(笑)。

bewaad (2006-04-22 13:32)

>Dekiさん
今回の件が日本にとって都合のよい形で終わろうとも、それが中国とは無関係である以上、常任理事国の件にはあまり影響がないように思います。

通りすがり (2006-04-22 15:00)

今回に限り取り上げるという事が無い限り、実包は常備していると思いますが。警察官ですから。仮に紛争になったとして、きちっと対応をして評価されるべき指揮官が、「謀反を起こす可能性を示した」という理由で左遷される事も心配です。第一空挺師団でしたか、JAL123便の時にそういう話があったと思います。現場からするとROEが整備されなければ、戦地には赴けないという事になりかねません。

ところで、戦争というのは、話し合いで解決できないときにとる武力による外交ですよね。決して、喧嘩や憂さ晴らしの類ではないのです。
つまり、王手飛車取りとかも大事ですが、現時点で紛争を前提として、第三者に対する紛争後の仲介の依頼がどこまでなされているのかという事の方が心配です。仲裁を依頼する国に対しては妥協が必要ですから。アメリカには基地移転の件で妥協、イギリスはアメリカにつくとして、ロシアとフランスにはどうするのかですね。中国は向こう側に行ってもらいましょう。


もし常任理事国になったら、こういう形で地域紛争を抱えている国が貢物を持って(あるいは持たずに)調停の依頼に来る事になるわけで、その時に日本はどういう立場になるんだろうかと思うと、そこまでの覚悟ができているのかなと心配になる事があります。

Baatarism (2006-04-22 23:47)

日韓の合意が成立したようですね。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060422-00000013-yom-pol

これで韓国は当面国際的な危機を脱したことになりますが、国内にどう説明するかが今後の焦点でしょうね。

アルベルト (2006-04-23 07:32)

私も別に衝突を望んでいたわけではなかったので(笑)、合意が成立したのはよかったと思います。
確かに、向こうが国内にどう説明するつもりなのかは要注目ですね。

bewaad (2006-04-23 15:31)

>通りすがりさん
ROEを整備しないというのは、政治が現場に甘えているということだと思います。いくらそれに政治的軋轢があろうと、現場のために体を張るのがトップの責任なんですけれどもねぇ・・・。

>決して、喧嘩や憂さ晴らしの類ではない
そのあたり、民主政国家ならではの難しさ、わかりやすい例で言えば日比谷焼き討ち事件のような際に現代民主政国家はどう向き合うかという問題があるように思います。戦争が外交交渉の延長であるように、外交交渉は内政の延長でもあるわけですし。

常任理事国、そのような覚悟ができていないであろうこともあり、個人的には後ろ向きなのですが・・・。

bewaad (2006-04-23 15:49)

>Baatarismさん、アルベルトさん
日本の挑発的行為に恩恵的態度で接し当面の問題を回避、遠からずやるべきことはやるとした上で、日本の情勢変化を期待するという路線ではないでしょうか。


トップ «前の日記(2006-04-20) 最新 次の日記(2006-04-22)» 編集