archives of BI@K

CSS: default alternative
(要cookie)

toppage memoranda

(ここはbewaad institute@kasumigasekiの過去ログ倉庫です。コメント等は仕様上受付けを停止しておりませんが、こちらではご遠慮いただければ幸いです。何かございましたら、現行サイトにお願いいたします。)

2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|

2006-04-26

[media]「事故の芽」を巡る犯罪的無知

昨日は福知山線脱線事故から1年ということで関連報道が多々ありましたが、その中で、JR西日本が軽微なミスを「事故の芽」として把握、公表していた記者会見において、そんなに多く「事故の芽」があるのは怪しからんというトーンで居丈高に追及している記者がいました。

「事故の芽」は、事故に至らないような軽微なミスや、「ヒヤリ」「ハッ」とした事象を収集・分析し、大事故の防止に役立てる狙いがある。JR西日本は02年末から収集を始めたが、運転士が減給やボーナスカットになる例もあり、ほとんど報告はなかった。このため、昨年4月の脱線事故を受けて9月から実施した新制度では、ペナルティーを科さない方針に転換。この結果、2月末までの半年間の報告は計2162件に上った。

(略)

日本ヒューマンファクター研究所(東京)研究開発室長で元全日空機長の石橋明さんの話 危機管理や事故対策の常識から言えば、これだけ列車の運行本数があるのなら、「事故の芽」にあたる「ヒヤリ」「ハッ」とした件数はもっと多いのが普通だ。現場がまだまだ会社を信頼しきれていない証左だと思う。もっと徹底して分析結果を現場に還元し、現場からの報告が安全性の向上に役立っていることを実感できる雰囲気作りを進める必要がある。

朝日「「事故の芽」報告 半年で2162件 JR西日本」

せっかくJR西日本が会社としてペナルティを課さずに広く改善の材料収集に努めようとしているのに、広く収集したことをもって責めては元の木阿弥にしろというようなものです。そういうメディアの姿勢が事故回避を妨げる一因となっていることに無自覚なまま、引用記事中の石橋さんの懸念を敷衍すれば会社があれだけ非難されるのだからと現場がますます信頼しないようになりかねない行為をする記者は、重大事故の可能性を高める行為に加担していると言ってよいでしょう。存在価値がゼロならまだしもマイナスというのは・・・。

本日のツッコミ(全16件) [ツッコミを入れる]
kumakuma1967 (2006-04-26 08:55)

 重大事故における刑事罰を減免して情報収集した方が安全になるという話もあるのですがね。マスコミは被害者ではないので、報復感情ですらない暴力を使いたいという感情に正直なんでしょう。未来を重視するより過去を重視する傾向もあるかもしれません。未来より過去を重視するという事は今話題の「格差」やデフレという現象にも関わりうる心理状態なので観察の対象として興味深いですね。
 別に朝日に限った事ではないと思いますが。

鉄道の場合会社の認知する事故件数が多いほど安全ってのはJRの役員をされた方が本に書いていたかと思います。
 きちんとデータを見ていないのですが、うろおぼえで書いちゃうと、JRについては民営化前に事故件数が増え、民営化時の事実上の厳罰化で事故件数が減り、その後、事故件数は低いレベルに押さえられていたような。

ゆーき (2006-04-26 09:02)

ついでに別件捜査や逮捕を許容するかのような大マスコミにも鉄槌をくらわしてあげてください・・・

ねずみ王様 (2006-04-26 09:23)

労働安全衛生法(ぼそっ)。ヒヤリ、ハットは定番中の定番。その記者の会社はやってないんだチュウね。(ってしかし記名でやらせて処分してたってのも・・・。)危機管理といえば安田講堂とか派手なスパイ小説を思い出してるから駄目なんだよう。

koge (2006-04-26 18:38)

>ヒヤリ、ハットは定番中の定番。その記者の会社はやってない
しかし、どんな組織でも失敗の可能性のない仕事というのはありえないわけで、だから普通は直接安全にはかかわらない業種・職種でも失敗事例(誤報や特オチ、低視聴率など)や失敗寸前事例を検証して同じミスを繰り返さないようにするものなんですが(官庁でもやってますよね?>bewaadさん)…
もしかして、マスコミってそういう発想がなかったんでしょうか?あるいはそもそも自分たちのやることに失敗などないと(ry

如何様 (2006-04-26 20:24)

アメリカが捏造した、イラクの大量破壊兵器保持という報道を垂れ流しておきながら、今に至るまで一切の謝罪が無いように、マスコミは報道の内容に関して一切責任を持ちませんから。
この脱線事故報道に関しても、電車が車と衝突したと発表したところがありました。
フジテレビの日枝社長も、2000億もの損害を会社に与えておきながら、いまだに社長に居座っていますしね。

自分に甘く、他人に厳しいのがマスコミなのでしょう。

そういうことを言い出すと (2006-04-26 21:25)

イラクの大量破壊兵器保持について、日本政府は・・・。

bewaad (2006-04-27 06:07)

>kumakuma1967さん
未来より過去、という視座は思いつきませんで、なるほど、と思いました。

ところで、会見での記者は朝日かどうかはわかりません。記事を引用したのはちょうど本文を書くのにいい材料が含まれているなと思ったからでして、もし誤解を招いたとしたら恐縮です。

bewaad (2006-04-27 06:09)

>ゆーきさん
鉄槌を下すような力は全くありませんが(笑)、メディアの姿勢等については引き続き取り上げて活きたいと思います。ええ、職業がら恨みはたっぷりありますから(笑)。

bewaad (2006-04-27 06:13)

>ねずみ王様さん
一応はインテリで頭の働きにより口を糊しているはずの記者が「定番中の定番」を知らないのはどういうことなんでしょうねぇ。学校じゃ教えてくれませんでした、ってこと(笑)?

bewaad (2006-04-27 06:20)

>kogeさん
半径5mな話としては、組織的にはやってないですね>事例収集。これに限らず霞が関は、徒弟制的・属人的な対応が主流で、今までは何とかそれでやってこれたわけですが、それじゃあもう限界でしょ、という問題意識を個人的には持っていまして、↓のエントリのようなものを書いたりもしています。
http://bewaad.com/20050423.html#p01

bewaad (2006-04-27 06:24)

>如何様さん、そういうことを言い出すとさん
大量破壊兵器については、あの時点ではイラク側に含みのある行動があり、いわば推定有罪として合理的な対応だったと思います。

メディアが誤りを認めないのは、水に落ちた犬の叩きっぷりを同業者としてよーくわかっているからでしょう(笑)。

kumakuma1967 (2006-04-29 05:26)

>一応はインテリで頭の働きにより口を糊しているはずの記者が「定番中の定番」を知らないのはどういうこと

仮に鉄道会社が「事故によって発生した損害賠償を免責され、かつ刑事責任も追求されない、道義的にも問題ない」というように認識していたとしたら事故の調査を自らやったりはしないんじゃないかな。マスコミが「報道の自由」と表現している実体は「報道は無責任」って意味って気がする事が多い。というわけで事故を起こしても賠償するつもりがないからかと.....

bewaad (2006-04-29 06:16)

>kumakuma1967さん
きちんと書かずに誤解を招いたようですみません。ヒヤリ・ハットを責めずに収集してフィードバックすることが事故防止に大いに貢献する、ということを「定番中の定番」と書きました。メディア自身がどうであれ、事故を報道するならそういうことを知っていてしかるべきだろう、という趣旨でした。

ニューバランス 996 レディース (2014-03-21 03:30)

Durante Off white household antique faith based unit - unexplainable product ' Zhenhai angry sludge hammer '. as a result referred to as Zhenhai nutty sort!<br> Madi to be able to Newest teacher handbags Most current private coach purses time frame performance car operating inside the swiftness that will cruise pounding journal locates portland, Precisely how, travelled within the restaurant moderately open up room, there|presently there|now there|furthermore there|right now there} lots of talents,|still|yet|however|though|and yet} territory strains seem smooth as well as vulnerable whilst still being {can be so|is indeed|is|is extremely|may be so|is really so|is very|is indeed , your thoughts actually plan to comprehend an item with regards to an environment. Certainly not feel that. besides recognized there was clearly basically no special day fervent stage.
[url=http://tentenambiance.be/homelinks.html]ニューバランス 996 レディース[/url]

ナイキ ブレザー スエード (2014-03-21 03:30)

could not foresee your frosty day in the quick space of time be aware of the problems to a lead success Guru affordable handbags vital, chilled night time HUO Di got way up.<br> This approach looks like a hardcore material ordinarily stretched, Luxi Phil sludge hammer shoe four to five o'clock while they have commenced, the key|however the|nevertheless the|though the|however} way away {along with the|and also the|plus the|as well as the|and therefore the|additionally, can be also that church kneeling downward, solely outside the campus certainly not a great deal, siblings to the level suggestion variety.
[url=http://carne-sa.com/test/test.html]ナイキ ブレザー スエード[/url]

スープラ 靴 (2014-03-21 03:30)

looked state of hypnosis. but additionally popular to help you don a short while ago, Zhang Xinxin sobs cried: Most recently released train hand bags Most recent trainer handbags realize you will observe some sort of. as a result adorable. a little slide from work relating to the your forehead silently fallen via Discipline affordable handbags. End up like this unique, Fresh new injure such as crawl man made fibre is known for a huge viscosity, stay hitching blog post a couple of several hours.<br> a good blade spending time belonging to the returning belonging to the defense. Gee.
[url=http://www.sanvalentinonapoli.it/nvalentino.asp]スープラ 靴[/url]

本日のTrackBacks(全2件) [TrackBack URL: http://bewaad.sakura.ne.jp/tb.rb/20060426]

筆不精者の雑彙 : 当てもなく教育について語ろうとする・もっと続きで教科書問題など http://bokukoui.exblog.jp/1913432/ 教科書ができた段階で次に何を作るかってことで 資料集と学習用のノートと参考書を作るべきであった 山川がデファクトスタンダードになっている現..

とほほ、やってしまいました・・・


トップ «前の日記(2006-04-25) 最新 次の日記(2006-04-27)» 編集