archives of BI@K

CSS: default alternative
(要cookie)

toppage memoranda

(ここはbewaad institute@kasumigasekiの過去ログ倉庫です。コメント等は仕様上受付けを停止しておりませんが、こちらではご遠慮いただければ幸いです。何かございましたら、現行サイトにお願いいたします。)

2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|

2006-05-12

[dystomics]経済学がこの世から消えたら… 第一.五部:その3‐1月31日 12時55分

ドアを開けて教室に入ると、ヒロくんが窓に寄りかかって外を見てた。そういえば新学期からずっと休んでたから今日も忘れちゃったけど、ドッジボールに誘うの忘れちゃった。ゴメン・・・って、いつの間にかこっち見てる。

「えーっと、つい誘うの忘れちゃってゴメン。次は一緒にやろっ!」

「いいよ。あんまりそういうことはしないようにしたから」

「なになになに、いじけてんの? らしくないなぁ。謝ってんじゃん」

ヒロくんが薄く笑う。こんな表情初めて。

「別にいじけてるわけじゃないさ。陽に焼けたくないし、寒くて乾燥してる冬は肌が荒れる」

「そ、そう。ならいいけど・・・じゃあ、体育館が使える日にでも」

小学校の頃からずっと遊んできたヒロくんとは別人みたい。っていうか、冬休み前とは。ちびですばしっこくいつも先頭切って外に駆け出していたのに。ボクよりちっちゃいくせに、なんだか見下ろされてる気分だ。陽に焼けるとか肌が荒れるって何だよ。

「りょ・う・じ、知ってる?」

「な、何だよ急に。驚かすなよ」

ヒロくんの方を見ながら席に戻ったから、洋祐につっつかれるまでいることに気付かなかった。

「隆弘ってさ、なんか怪しい商売やってるらしいんだって。うちのババァがさ、『隆弘君とはなるべく遊ばないようにしなさい』だあってさ」

「怪しい商売って?」

「よくわかんないんだけどさ、夜の商売ってやつ? ほら、隆弘のお父さんって日本デパートに勤めてたでしょ。どうやらプーになっちゃうらしくてさ、アイツも働かなきゃだめなんだって。でも中坊なんてファストフードでバイトもできないじゃん。あれこれ仕事探して、何とかなる目途がついたから戻ってきたらしいよ」

「そ、そうなんだ・・・」

もう一度ヒロくんの方に顔を向けると、視線は既に外へと戻っていた。まばゆい光が目を射抜く。陽の光を受けたピアスだ。何かよくわからないものが背筋を駆け上がっていった。夜の商売って、アレ、だよね。やっぱり。

「おい、もうすぐ昼休みは終わりだぞ。早く席に着け」

あっ、もうそんな時間か、と思ったらベルがなった。ガタガタと皆が落ち着くのを待って、先生が再び口を開く。

「これから首相がみんなに向けてお話をするので、授業の前にそれを聞きます。大切な話なので、きちんと聞くように」

軽いノイズに続いて、スピーカーから最近よく聞く声が滑らかに流れてきた。

「国民の皆様、こんにちは。本日は、わざわざ貴重なお時間をいただきありがとうございます。これから皆様には、一つのお願いをしなければなりません。その前に、なぜそのようなお願いをしなければならないか、ご説明いたします。

ご存知のとおり、我が国は今月から金本位制を導入いたしました。これにより、世界中の国々が我が国に金を求めてくるようになり、その威信は大いに高まりました。長らく国際社会においていわれなき誹謗中傷を受けてきましたが、皆様の絶え間ない努力もあり、名誉ある地位を再び回復したのです。金本位制とは、世界を我が国が道義的にリードしている象徴であります。

ところが今、この金本位制に危機が迫っています。皆様が額に汗して働いた結晶である我が国の金準備、これを狙うハゲタカがそれです。主に外国資本ですが、嘆かわしいことに、それらと結託して私利私欲に走る売国奴もまたいます。

このハゲタカどもは、金を必要としているわけでは全くないにもかかわらず、投機のために貴重な金を買い占めています。皆様のように地に足をつけて地道に手を動かすことなく、画面上でマネーゲームを楽しみながら、皆様が一生働いても稼げないような儲けを企んでいるのです。

我が国が金本位制の導入に踏み切ったのは、このような輩どもに濡れ手に粟のあぶく銭をくれてやるためでは決してありません。世界中が経済学という空理空論に基づいて、人間を無視した政策運営を行っている中で、真に人間を幸せにする社会を目指したのです。世界に誇るべき、地球上で唯一の崇高な我が国の制度を狙うハゲタカは、このままでは自らがでたらめであると満天下に示されてしまうがため、狡猾にも金本位制を崩壊させ、世界中をごまかそうとする経済学の走狗でもあります。

つまり、我が国は真面目な労働をもてあそぶ投機と、正義と比較されることに耐えられない経済学の挟み撃ちにあっている、そういう状況に陥っているのです。

そのような卑怯な攻撃に屈する我が国ではありません。既に本日、最初の反撃を開始しました。日本銀行での金の購入に当たっては、購入代金をどのようにして用意したのか、また、購入した金を何に使うのか、それを確認することといたしました。きちんと働いていて得た給料はもちろんのこと、普通に仕事をした結果のお金で仕事に必要な金を買うなら、従来と同じことです。一部の売国奴を除けば、何も変わりありません。

大切に育んだお米を売ったり、工夫を凝らして作った機械を売ったり、みんなから必要とされるサービスを提供したり、そのような実業の結果として得たお金、それを元手に何かをしようとして金が必要であるなら、日本銀行は喜んでお出しいたします。

しかし、虚業家が投機に使う金や、その結果の儲けを海外に持ち出そうというなら、そのような取引は日本銀行は一切認めません。真正に実業に用いるため、そうした目的にこそ、貴重な国民の財産である金は使われるべきなのです。

さて、このように政府としてもハゲタカ・売国奴に対抗するために全力を尽くしていきますが、皆様にも是非お力添えをいただきたい、それが最初に申し上げた一つのお願いでございます。世界に冠たる金本位制、それを支える皆様の汗と努力の結晶である金準備、それを守るための政府の試みに対して、道義的支持をいただきたいのです。

道義的支持とは何か。皆様の周りをご覧ください。もちろん国民のほとんどは、今回の措置によって何ら影響を受けることのない、実業にいそしむ人々ばかりです。しかしながら、恥ずべき売国奴がゼロではないのは、残念ながら事実であります。道義的支持とは、このような国家・国民への裏切りに対して、草の根で鉄槌を下すことです。

これといった仕事をしていないにもかかわらず、急に羽振りがよくなり金遣いが荒くなったような人間や会社があれば、ぜひとも警戒していただきたい。そして、もしそのような人間・会社が金を買おうとするのにお気づきになったら、日本人として恥ずかしくないのかと糾弾してください。政府の監視をかいくぐることができる悪賢い売国奴も、国民すべての目を逃れることはできないはずです。

世界に誇るべき金本位制、それを守り育てていくのは、皆様ひとりひとりなのです。そうした誇りを胸に抱いて、政府の微力を道義的支持で正義を守ることができる力強さへと変えることができるのは、皆様ひとりひとりだけなのです。

待ちに待った時が来たのです! 多くの犠牲が無駄でなかったことの証のために! ふたたび日本の理想を示すために、経済学絶滅成就のために! 金本位制よ、われわれは帰ってきたのです」

本日のツッコミ(全14件) [ツッコミを入れる]
Fellow Traveler (2006-05-12 20:47)

この体制下では、ファストフード業界はどう再編されているのでしょう。ハンバーガー業界も一社に集約でしょうか・笑。社名はウェンディーズ、A&W、ドムドム、ファーストキッチン、フレッシュネス、マクドナルド、モス、&ロッテリア(WA&WDFKFMML)。あるいは、そば、うどんを含めて大日本総合速食株式会社?

山形 (2006-05-12 22:07)

株式会社??!! 株なんて投機する連中のおもちゃです。経済学に冒された頭にはそれがわからんのです。有限会社だって、人々から金を巻き上げて失敗したら責任もとらずに逃げようという投機屋どもの考案した陰謀です。当然、無限責任組合、ですっ! 便宜上「会社」の名は残しておくこともありますが。詳細は官報号外143号をごらんください。

koge (2006-05-12 22:19)

この際全部国営…って共産化もマルクス「経済学」に基づいてるからダメなのか。

Fellow Traveler (2006-05-12 22:28)

第一部ではいちおう、「国民鉄道(株)」があるし、株式評論家は穴埋めになっていないようなので。もちろん、この株式市場、一産業に一社なので、株式欄はとても合理化されているので見るのが楽でしょうね・笑。

ただ、第一部に不整合性があるとしたら、新聞社は旭と舞日があること・笑。これはやはり、特殊指定販売制度があるからでしょうか・爆。

山形 (2006-05-12 22:28)

マルクス経済学って何でしょうか? そのようなものは焚書坑経のおりに浄化対象となっており、もはや存在いたしませんので、「基づいている」という批判は根拠がありません(ちなみに根拠を示した場合貴殿は即座に再教育対象となります)。

しょせん経済学などというのはキXXイがその時々に勝手に乱雑な妄想を垂れ流していただけで、それが証拠にお互いどもの中ですら意見が一致しなかったエセ学問ですから、下手な鉄砲もなんとやらで、たまたま正しげな方針が打ち出されることもあったでしょう。重要なのはそうした空理空論にまどわされず、プリンシプルに基づいた行動を常にとり続けることです。

小僧 (2006-05-13 00:29)

あとがきとして、 E田先生による「ネタが教えるマネーの理論w」を希望致します!!

bewaad (2006-05-13 08:32)

>Fellow Travelerさん
オリジナルで扱われていない産業は想像するしかありませんが、ファストフードだと戦前の事例も参考にできないので、もし作中でとりあげるとすればどうすればいいんでしょうかねぇ。官僚がやることだから産業分類か何かで決めたってあたりが妥当でしょうか。

戦前もすべてが当局の思い通りに再編できたわけではないので、新聞社もその伝で、というのが自然な推測だと思いますが、独占法上の特殊指定を受けて競争が許されているという設定にも惹かれます(笑)。

bewaad (2006-05-13 08:45)

>山形さん
株式は取引所が厳密に管理運営する形で移行中でございます。近々全ての株式会社は閉鎖会社化され、無限責任法の施行に備えることとなっております。

なお、サン=シモンやフーリエの主張に基づく生産手段の共有化はオッケーでしょう(笑)。

bewaad (2006-05-13 08:49)

>kogeさん
マルクスの歴史観に基づけば原始は共産制だったので、経済学ではなく歴史学だと観念すれば問題ないでしょう(笑)。

bewaad (2006-05-13 08:55)

>小僧さん
私からもお願いしたいです。

koge (2006-05-13 17:30)

>複数の新聞社
NHKが7チャンネルあるように、実は全紙「旭舞読共同時事新聞社」が発行してるんですよ。地方紙はそこと県との共同出資による3セク化されましたがね。しかし日経はともかくあの頃反経済学を一番あおってた産業経済が名前だけで廃刊させられたのはワロタ。
>根拠を示した場合貴殿は即座に再教育対象となります
というか、モスクワ留学してたらそのまま国外追放になったんでこれ以上やりようがないでしょ。それにあの中国でさえMSやgoogleのフィルタリングを買うぐらいしかできなかったのに、国内のインターネットからの完全遮断をやってしまった国ですから、当局だって外でなにやろうと見ようがないですよ。
しかし国内ネットを国産技術だけであれだけ賄えるというのは正直すごい技術力だと思うんですが、他国企業がパクリ放題ですからねぇ、もったいない。思えばこれがすべての始まりだったのかもなぁ…(http://bewaad.com/20060429.html#p01)
山形先生、亡命先の上海からご心配恐れ入ります。

fhvbwx (2006-05-14 00:46)

インフレの解説記事を書いて強制捜査をくらった夕刊*** Deleted for the Security Reasons ***のこと、時々で良いから思い出してあげてください。

>(株)
株式公社の略だったような。

bewaad (2006-05-15 01:09)

>kogeさん
毎日がトンデモNo.1の座から滑り落ちたというのも、それはそれでなぜそうなったかを考えなければいけないでしょう(笑)。

ところでモスクワでそんなこと教えてるんですか、今でも。平壌の間違いぢゃなくって(笑)?

bewaad (2006-05-15 01:10)

>fhvbwxさん
あそこは記者を追放して悔い改めたので残ったのでしょう。

で、いっそのこと株仲間とでもしましょうか>(株)

本日のTrackBacks(全1件) [TrackBack URL: http://bewaad.sakura.ne.jp/tb.rb/20060512]

http://bewaad.com/?year=2006;month=2Q;category=dystomics 第一部 http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/economics/1118660552/ がミクロ編だとしたらこれはマクロ編ですね。


トップ «前の日記(2006-05-11) 最新 次の日記(2006-05-13)» 編集