archives of BI@K

CSS: default alternative
(要cookie)

toppage memoranda

(ここはbewaad institute@kasumigasekiの過去ログ倉庫です。コメント等は仕様上受付けを停止しておりませんが、こちらではご遠慮いただければ幸いです。何かございましたら、現行サイトにお願いいたします。)

2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|

2006-05-14

[dystomics]経済学がこの世から消えたら… 第一.五部:その4‐2月11日 21時40分

「さて、準備はいいかい?」

お兄ちゃんが西口改札を出たところで改めてボクの目を見た。

「もちろん」

内心ちょっぴりビビってないわけじゃないけど、そんなことカッコ悪くて言えないや。

「はぐれないようについてくるんだぞ」

今日家を出たときには、まさかこんなことになるとは思ってもなかった。っていうか、試合が終わったときにも。

・・・・・・・・・・

「今日も勝ったけど、カウンター狙いばっかってあんまり面白くないよね」

「そんなこと言うけど、ほんの数年前までは点が入らなかったんだから、日本代表。ボールキープはできてもね」

「えーっ、そうなの? あんまりイメージ湧かないなぁ」

「何度もチャンスが来るのに、シュートが枠に行かないのって、カウンター狙いで守ってるのを見てるより腹立つよ」

「確かにストレス溜まりそうだ」

「結局、点が取れるかどうかって才能なんだよな。ダメなヤツは練習したってダメ。フォワードに山田が出てきて、日本代表の戦術は根っこから変わったってわけ」

なんてことをお兄ちゃんと話しながら、国立競技場から千駄ヶ谷に向かって歩いていた。今日は久しぶりに機嫌がよさそう。じゃあ、あのこと聞いてみよっと。

「お兄ちゃんさぁ、最近少し変じゃない? 何か悩みでもあるの?」

「・・・この国、だんだんおかしくなってるんだ。涼にもわかるように言うなら、貧乏になってきてる」

「何が? 今日の試合だって満員で大騒ぎしてて、別に昔と変わってないよ」

「じゃあ見せてやるよ」

お兄ちゃんは、ほんの少し考え込んだ。

「もしもし・・・うん、ちょうどさっき終わったところ。でも、ちょっとお腹すいちゃってさぁ・・・うん、うん、ちょっと食べてこうかと思ってる。そんなに遅くはならないからさ・・・明日のお弁当にしてよ。えっ・・・じゃあそれは食べるよ。あんまりお腹いっぱいにならないようにしとく・・・うん、じゃあ」

カチッと携帯を閉じると、意味ありげに口元に笑みを浮かべる。

「いざゆかん、目標は新宿!」

・・・・・・・・・・

小田急の改札を過ぎタクシー乗り場のロータリーに出ると、お兄ちゃんが振り返った。

「あんまりジロジロ見るとトラブルの元だから注意して欲しいけど、これから通っていく先々で、壁際や柱のあたりを見ておいて」

それからは何もしゃべらずどんどん歩いてく。そんなに速く歩くとよく見れないじゃないか、と思ったけど、「話しかけるな」って気配がぷんぷん漂ってたからボクも黙って後についていった。ロータリーからは右に曲がり、丸ノ内線改札側へ抜け、アルタの出口から出てマックに入るまで、ずっと早足だったから、

「涼は何にする?」

ってレジ前で聞かれても答えられないってば。ニヤニヤ笑われるのがむかつくので、とにかく息を飲み込んで口を開いた。

「・・・エビフィレオセット、ポテトとコーラ。それにチーズバーガー1つ」

体力ないなぁ、部活きちんとやってんの、なんてことを言われながら2階に上がって席に着き、まずはチーズバーガーにかぶりつく。

「で、何か気付いた?」

んがぐぐっ、と。

「・・・ホームレスがいっぱいいるってこと? でもそれって前からでしょ?」

「そう、ホームレス。もちろん前からいたんだけど、最近になって明らかに増えてる」

「なんでそんなことわかるの? まさかお兄ちゃん、数えてたわけじゃないでしょ」

「もちろん数えてなんかいないさ。何が変わったって、出てくる時間が早くなったんだ」

「出てくる、時間?」

「そう。出てくる時間。もともと塾の帰りに新宿を通る時間は9時ぐらいなんだけど、そんな時間にはホームレスはいなかった。調べてみたら、ホームレスがダンボールなんかを持ってきて場所を作るのは11時だったんだけどね、もともとは。でも、先月の半ばぐらいからは、塾の帰りに見かけるようになった。さて、理由は何だと思う?」

といってからお兄ちゃん自身も食べ始めた‐ビックマック。

「・・・っていうか、どうして見かけるの? 乗り換えるのに駅から出るなんておかしくない?」

視線が怖い。

「・・・ってのは置いといて、わかんないや。どうして?」

「昔は駅の構内は誰がどこで寝るかってのはきちんと決まってたんだ」

あっという間にビックマックを平らげたお兄ちゃんが答え始める。お腹がすいたってのは、どうやら単なる嘘じゃなかったみたい。ボクだってそうだけどさ。ポテトももうすぐなくなっちゃう。

「ところが最近になってホームレスが増えてきて、それでも最初は昔からの人が仕切ってたんだけど、収拾がつかなくなって早い者勝ちになっちゃって、それで出てくる時間が早くなったってこと。正確な数はわからないけど、少なくとも通路の真ん中にまであふれる程度には増えてきたんだ」

「ふーん。そうなんだ」

「さて第二問、ホームレスが増えたのはどうして?」

お兄ちゃんの手がポテトに伸びる。

「うーん・・・それが、貧乏になったってこと?」

「そのとおり。会社からすれば、どうも売れ行きがよくないと思えば、人を減らしちゃう。そうやって働く人が少なくなれば、働くなった人たちはそう簡単にはいろんなものを買えないから、となるとますます売れ行きが悪くなる。その繰り返しさ」

「なんで売れ行きが悪くなるの? 『ハゲタカ』のせい?」

次はエビフィレオっと。

「いや。『ハゲタカ』なんて言ってるけど、この前首相が言ったように、今は一生懸命金を買ってるだけさ。ものを買うのに金がいるなら『ハゲタカ』のせいで売れ行きが悪くなったといえるけど、そうじゃない。ついさっきだって払ったのは金じゃないだろ」

「うん」

「去年の12月に金本位制にするって発表してから、いろんなものの値段がすごい勢いで下がってきてる。それが原因さ」

「なんで? 値段が下がれば安く買えるんだから、いいことじゃん」

そういえばエビフィレオのセットが750円、チーズバーガーが200円だったけど、ちょっと前までは倍ぐらいしたような。

「パパもそうだけど、どうやってお金を稼いでいるかって言えば、結局は人からお金をもらうってこと。そのもらう分が少なくなってくれば、当然貧乏にもなるさ。給料を減らすか、そうでなかったら人を減らすってことになる」

「マックの値段が下がれば、マックの中の人も稼げないってこと?」

「そう。帰りにアルバイト募集のポスター見てみな。今や時給は1,500円まで下がってる。多分今、日本中でこれと同じようなことが起こってるはずなんだ」

「どうして値段が下がり始めたの?」

「・・・ごめん、それはちょっとまだわからない。興味があるなら、調べてわかったらまた話そっか?」

「うん。聞いてみたい」

ボクのトレイも片付いているのを見て、お兄ちゃんが立った。

「さて、寄り道は終わり。帰ろっか。パパもママも、遅くなると心配するだろうし」

本日のツッコミ(全4件) [ツッコミを入れる]
とおりすがり (2006-05-16 09:43)

誰もこめんとしないので、
こういうところで、ビックマック平価とか考えてしまう私は経済学徒なんでしょうね。

fhvbwx (2006-05-16 22:28)

同じく気になってマックに行ってみたら、時価と書いてありました。

セットの値段がちょっと安すぎるような気がします。つまらないディテールにこだわってすいません。

bewaad (2006-05-17 06:28)

>とおりすがりさん
あ、そうですね。単品のビックマック価格を出しておいた方が深みが出せたなぁ・・・。

bewaad (2006-05-17 06:31)

>fhvbwxさん
旧平価を2006年の価格と考えて、そこへのデフレ収斂から逆算したのですが、確かに第一部を読み返してみると派手なインフレが起こってますから、ご指摘ももっともです。

旧平価を対2006年で1000%(10倍)ぐらいにしておいた方が自然でしたね。


トップ «前の日記(2006-05-13) 最新 次の日記(2006-05-15)» 編集