archives of BI@K

CSS: default alternative
(要cookie)

toppage memoranda

(ここはbewaad institute@kasumigasekiの過去ログ倉庫です。コメント等は仕様上受付けを停止しておりませんが、こちらではご遠慮いただければ幸いです。何かございましたら、現行サイトにお願いいたします。)

2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|

2006-06-21

[BOJ]福井総裁に関していただいたコメントについて・その3(中央銀行の信認と個人的利殖行為(1))

#これまでの関連エントリにどのようなものがあるかについては、福井総裁村上ファンド問題関連エントリindexをご覧下さい。

以下の議論は福井総裁の問題とは直接関係しませんが、面白い論点であるとのwebmaster自身の思いにより取り上げます。

中央銀行の信認と一口に言っても人によってイメージは様々なのでしょうけれど、金融政策の執行者としての中央銀行にとってもっとも大切なのは、金融政策の内容にかかわる信認です。端的には、デフレを脱却するのだといって金融政策を講じているなら本当にデフレを脱却するつもりなのだと、インフレの場合でもそうですが、そのように信じてもらうことです。

世間的評価は違うのかもしれませんが、福井日銀にとって最大の信認問題とは、これまでの金融政策がデフレ脱却を旗印にしておきながら、衣の合わせ目からなんとやらといいますか、こいつら本当はデフレを続けたいんだろうというような言動が少なからず見られたことです。この場合、仮に額面どおりデフレ脱却を本心から狙っていたとしても、経済主体がそれを信じずデフレ継続を前提とした行動を変えないのであれば、金融緩和の効果は著しく減殺されてしまうわけです。

金融政策の狙いが逆向きでも同じことで、インフレ昂進に苦しんでいる国において、引き締めてもなかなかインフレが止まらないのは、得てして引き締めが徹底せず(その理由は失業率を気にしたりとか、赤字財政補填のためのシニョレッジ活用だったりとかしますが)、それを見越して各経済主体が行動を変えないからという場合がよくあります。これもまた、結局は中央銀行の姿勢に信認が得られていないからです。

本件の再発防止策としては、おそらく総裁らの資産公開に加えて、資産の信託and/or凍結といったものが講じられるような風向きではありますが、この組み合わせは実は上記の意味での中央銀行の信認を損なう危険があります。このアイデアの素は47thさんの次のご指摘でした。

機密情報を不正流用したという話があれば、そのこと自体が厳重に罰せられるべきですが、単に出資をしたというだけでは、円を掌る日銀の活動と利害相反のおそれのない運用先など、およそ考えられないのですから(定期預金こそ一番ダイレクトに利益相反が起きてしまいますし(笑))、こんなことを言い出したらbewaadさんが指摘しているように中銀総裁はタンス預金ぐらいしかできなくなります・・・というか、タンス預金ですら、その価値の目減りを防ぐためには金利上昇を抑えるインセンティブが働いてしまうという意味で利益相反の呪縛からは自由にはなれません。

「「脇の甘さ」ということで・・・」(@ふぉーりん・あとにーの憂鬱6/14付)

信託の際に受託者がどのような運用を行うかによって議論は変わってきますが、とりあえず管理のみを行いアロケーション割合の変更は行わない(=本人の資産売買の禁止とほぼ同様)ものとします。その内容が公開されている場合、それを見た者が金融政策について次のように予測するのは極めて自然なことです。

現預金など、インフレ率が低ければ低いほど相対的に有利となる資産の比率が高いとき
できるだけインフレ率を低くしようとするだろう(金融政策を引き締め気味に運用するだろう)
株や不動産、外貨建て資産など、インフレ率が高ければ高いほど相対的に有利となる資産の比率が高いとき
できるだけインフレ率を高くしようとするだろう(金融政策を緩和気味に運用するだろう)

資産の売買が(事実上)行い得ないからこそ、既存の資産をできるだけ有利に運用しようとしているのではと勘繰られるのを止めるのは困難です。前者のようなボードメンバーや執行部が存する中央銀行であれば、緩和政策に対する信認は損なわれるおそれがありますし、後者であれば逆に引き締め政策に対する信認が損なわれるおそれがあります。仮にこの資産公開と資産の信託等という再発防止策が実施に移されるなら、この副作用をなんとかしなければなりません。

#既存資産のみならず、給与(一般には銀行振り込み=銀行預金の増加、手渡しでも現金の増加)をどうするかという問題がありますが、とりあえず給与は既存のアロケーション割合にしたがって各資産に配分されると仮定すれば同じ議論が妥当します。

正攻法ならばインフレターゲティングでしょう。目標インフレ率(中央値・レンジ)の設定は中央銀行外で行われますから、自らの資産を有利に運用するために目標を操作しようとしても不可能です。金融政策の執行に当たって「できませんでしたぁ」という言い訳を許さないペナルティを講じてこそのインフレターゲティング政策ですから、目標から乖離させるという形での私益追及も防止できます。

変り種ですと、中央銀行のボードメンバーや執行部(別に一般職員を含めてもかまいませんが)専用の運用方針がレディーメイドでくっついている信託の開発というのはどうでしょうか。インフレ率が高くなればなるほど現預金比率を上げ、逆の場合には株や不動産、外貨建て資産比率を上げるという方針で運用する信託(ニュートラルポジションは、インフレターゲット設定国であれば目標インフレ率、そうでない国であればNAIRUにおいて実現)にこぞってそれらの者が財産を委託するなら、資産運用が信認を害さないどころか、かえって信認が強化されることになります。記者会見等の場で信認が揺らいでいると実感したなら、「俺のポートフォリオを見てみろ!」と一喝(笑)。

・・・というわけで、どこかの信託銀行・信託会社関係者の方がいらっしゃいましたら、開発してみませんか? G7会合やバーゼル委員会で売込みを図れば、結構な売り上げが見込めると思うのですが(笑)。

(続く)

[economy]国民生活白書・平成18年度版

まだ目次をざっと眺めただけですが、景気との関係や、若年失業率上昇の少子化への影響などにも紙幅を割いているようで、備忘として。

ところでこの白書、担当大臣は猪口大臣のようですが、ここに書いてあることと昨日決定の「新しい少子化対策について」の関係を考えるとなかなか面白そうです。マクロ経済政策について何ら触れていない一方、家族の絆とか地域の絆とかがやたらと強調されているとこなど、なんだかなぁという内容の「対策」ですが、大臣は白書の内容を踏まえているものとのご認識なのか、それともまともに読んですらいなかったのか(笑)。

本日のツッコミ(全11件) [ツッコミを入れる]
(2006-06-21 09:22)

(ここでは嫌われ者)

役人がリフレに拘る訳
http://ameblo.jp/nagase72/entry-10013859569.html

無限の財源はありません。

ヘタレ (2006-06-21 12:11)

>>姫さま

そちらのブログ内に衝撃的な内容が。

「福井総裁、あと二年任期があるんだってね、インサイダーで辞める必要はないけど、インタゲの失策で不信任ってことでやめてくれ。インタゲしといて、インフレ懸念って何のこっちゃ??」

インタゲしていたんですな。ナンダッテーでございますw

maxi (2006-06-21 21:29)

日銀総裁のフリーハンドが問題をさらに増幅している観はありますね。だからインタゲ以下略。一般論として日銀の職員が利殖やっちゃいかんのかという問題がありますが、ある種それも性善説及びこうしたコロニー落としが匂ってくるような発言がマスコミ周辺にも燻るような事態への楽観というものも相俟って、一般条項的なもので内規を簡素化し過ぎた観はありますな。想定外だったんでしょうね。

日銀の独立性に関してはちょいと軽く考えられすぎの気がしますね。日銀の独立性は、インフレ誘導への誘惑にかられがちな政府与党(すなわち間接的には国民)に対する防壁に他ならないわけで、トップの進退について言及される際にはそれこそLRAに準じた慎重さが必要という気がいたします。加えてLRA適用以前に日銀職員が行ってはいけない類型的行為が明示されていない場合は問題外だと私は思いますね。

もちろん現時点で日銀がインフレ・デフレどちらに舵を切るべきかということになると、それはまた別の話ですが。

通りすがりの人 (2006-06-21 22:14)

脇は甘かったけど、辞任する程でもない。
これが結論なんでしょう。
銀行協会も経団連も「辞任することはない」って言ってるんだし。
陳謝して、利益も返上して、内規も見直すなら、それで充分過ぎます。

銅鑼衣紋 (2006-06-21 22:33)

脇が甘かったのではないでしょう。
頭が悪かったんですよ。
邪悪だったのではなく、頭悪いだけなので首にもできない。
問題は、こんな人を総裁にしてしまう(審議員でもそうだけど)
現在の制度にこそある。

篠塚審議員が就任会見で「これから学部用のテキストでマクロの
勉強します」とか言ってましたが冗談は止めて欲しい。
主婦代表とかで金融政策できないんですから。

で、肝心の自称専門家がこんなに頭悪いのだから、日本の運命は
風前の灯火w

(2006-06-22 01:32)

村上ファンド関係よりももっと気になるのは、
福井が個人的に所持している株と
日銀が金融機関から買い上げた株の銘柄が重なるのかどうか。
もし重なっていたら普通に汚職でしょ?

Baatarism (2006-06-22 11:15)

僕は福井総裁が就任時に村上ファンドのアドバイザーを本当に辞めたのか、今でも疑っているんですよね。あの脇の甘さだと、最近になっていきなり3年前に辞めていたんだと言い出した可能性は否定できないでしょう。w
しかし、僕が自分のブログでこの件を取り上げたときは、ここまで大騒ぎになるとは思わなかったですね。特に「お前だけ儲けやがて」というやっかみの声をマスコミがここまで煽って、それがゼロ金利解除と結びつけられるとは。(^^;

イギー (2006-06-22 12:46)

未だに、これがスキャンダルなどとは全然思えないんだな。

村上さんがやってきたことと、福井さんがやってきたこととの間に、接点なさすぎ。
互いに、互いの立場を利用して、より儲けようとした雰囲気があまりにも無いんだな。

村上さんが、やってた銘柄なんて、景気だの金利だのが、関係ないような銘柄ばっか。
福井さんが村上さんに肩入れ?って・・・。肩入れしようにも肩入れしようのない事をとくに選んで村上さんはやってたんだもん。

また、福井さんも、日銀の政策に関係大いにありそうな、インデックス型の積極運用タイプの投信に出資したわけでもなし。
福井さんが持っている現物株の銘柄とか見ても、儲けようなんて、臭いが感じられない。
新日鐵や、商船三井って・・・ちょっとでも株で儲けようという欲があれば、東京製鐵とか飯野海運とか、三井不動産より東京建物っていう事になってると思う。ほんとに、付き合いとしか思えないんだよなあ・・・。

ところで国民にはゼロ金利で、自分は大もうけ、なんてファンドなんて出資する時点で大儲けかどうかなんて分からんでしょー、つう事で、文春さん。未公開株を貰うのと違ってさ。

また、株だのファンドだのそーゆー「付き合い」を放置していたのが問題なんて、結局、村上さんが逮捕されたから言ってるとしか思えず、挙句の果てには問題のあるファンドと分かっていながら、という人(糸山さん?)もいて、よく言うよ、ちょっと前までは、モノ言う株主、企業改革を促してきた英雄だったじゃん、とも思う。

それらは、日銀の椅子に座る人は、聖人であり全てを見通せと言ってるに等しい結果責任論な言い草であって、で、「結果責任論を振りかざして騒がれた」という「結果」をもって責任を問うというのは、なんか論理階層としておかしくないのかな・・・。

如何様 (2006-06-22 21:03)

管理者は私の発言を陰謀論と一蹴されていますが、
これでもまだ陰謀論と言い張るのでしょうか?
状況証拠は既に揃っていますよ

◇日銀総裁 オリックスを窓口に投資
 福井俊彦日銀総裁の1000万円の投資資金は、オリックスが
 管理・運営する投資事業組合が窓口となって受け入れ、そこか
 ら村上ファンドに運用委託されていたことが、22日の衆院財
 務金融委員会の審議で明らかになった。
 野党側は・・宮内義彦オリックス会長の参考人招致を要求した。
http://www.sponichi.co.jp/society/flash/KFullFlash20060622039.html

関西では既に大型汚職事件になると報道しています
東京では報道は無かったのでしょうか?
http://up2.viploader.net/pic/src/viploader201498.jpg

過剰流動性を演出すれば株価が上昇するのは
バブルの経験から分かっているはずです。
なぜ量的緩和といった異常な政策が採用されたのか?
検証する必要があります。

名無し (2006-06-22 23:07)

>なぜ量的緩和といった異常な政策が採用されたのか?
金利はマイナスにできないから。

うみゅ (2006-06-24 00:34)

しかし、福井総裁・・・あまりにも突発事態に対する対応がなってなさすぎます。
緊急時の対応に確信が持てないという意味で、辞任してほしいというのが本音。これじゃあ、何かあったときに阪神大震災の村山総理みたいな対応を取りかねないわ。小泉首相みたいな強運か、突発事態をうまく切り抜ける能力、このどっちかはトップには絶対必要です。

本日のTrackBacks(全1件) [TrackBack URL: http://bewaad.sakura.ne.jp/tb.rb/20060621]

◆ 銅鑼衣紋 (2006-06-21 22:33) 脇が甘かったのではないでしょう。 頭が悪かったんですよ。 邪悪だったのではなく、頭悪いだけなので首にもできない。 問題は、こんな人を総裁にしてしまう(審議員でもそうだけど) 現在の制度にこそある。 篠塚審議員が就任会見で「これか


トップ «前の日記(2006-06-20) 最新 次の日記(2006-06-22)» 編集