archives of BI@K

CSS: default alternative
(要cookie)

toppage memoranda

(ここはbewaad institute@kasumigasekiの過去ログ倉庫です。コメント等は仕様上受付けを停止しておりませんが、こちらではご遠慮いただければ幸いです。何かございましたら、現行サイトにお願いいたします。)

2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|

2006-08-23

[WWW]はてなブックマークの衆愚化とロングテイル

はてなブックマークが衆愚化しているという議論があるようで、「はてなブックマーク 衆愚」でぐぐるといろいろなテキストが見つかります。多くはそれを憂慮しているようですが、それはなぜか、確たる根拠のない思いつきですけれど、ロングテイルへの強い思いがあるからではないかな、というような気がwebmasterはします。

何をいまさら、という話ではありますが、ロングテイルとは一言で表せばアンチ2:8の法則です。2:8の法則は広く知られた経験則で、いろんな財やサービスは売上げの上位20%を占めるものが、売上げ全体の80%を稼ぎ出すというもの。ひっくり返せば売上げ下位80%の財・サービスは売上げの20%しか占めていないということですが、ロングテイルはそのアンチということで、売上げ下位80%でも20%を超える売上げをたたき出すことができるということになります。amazonの売上げがよく引き合いに出されますが、自分にとって最適な財・サービスを探し出すコストが下がったことにより、手軽に見つけられる必ずしも最適でないもので我慢する必要がなくなったから、と。

はてなブックマークの議論に戻るなら、Web2.0ならばロングテイルが生じてしかるべきであるのに、なぜ特定のエントリやページに注目が集中し、相変わらず2:8の法則に支配されているのだ、というもどかしさがその背景にあるようにwebmasterには見えます。自らの読みたいものが見つけづらいというより、衆愚という言葉が示すように、ブックマークするユーザの数が多いことを問題視しているようであり、そうした集中をもたらす行動様式に憤っているようです。

この憶測が正しいのであれば、はてなブックマークの衆愚化を憂う意見とは、すなわちWeb1.0の行動様式をWeb2.0の時代において引き摺っている者が多いことを憂う意見であり、そうした者に対してWeb2.0に即した行動様式への覚醒を求める意見でもあります。さらに言い換えるなら、はてなブックマークはWeb2.0の実現したものの1つであり、そこにおいてはロングテイルが実現してしかるべきである、ということを前提にしているのではないでしょうか。

しかし、この前提が必ずしも正しくないのであれば、はてなブックマークの衆愚化は、仮にそう称されるにふさわしい事態が生じているにせよ、起こるべくして起こったことであり憂いても詮無いことということになります。その手の研究をまともに渉猟しているわけではないので眉にたっぷり唾をつけて読んでいただきたくはありますが、本当にロングテイルはあり得るのか、という疑問をwebmasterはもっているのです。

例えば、amazonでは仮にロングテイルが生じていたとして、それはWeb2.0の特質ではなく、単にアーリーアダプター(Web2.0は、"Web2.0"というネイミングも含め、この手のbuzzwordsが多いのがwebmasterが懐疑的である理由の1つではあります)が多く利用しているだけということの表れであるかもしれません。仮にWeb2.0登場以前の、それこそ既存書店の売上げについても、アーリーアダプターのみを取り出して集計していれば、そこにロングテイルは観察されていたことでしょう。

このwebmasterの仮説が正しかったとして、amazonのような書店であれば、既存書店との棲み分けが成り立つので、ロングテイルは安定的現象足り得るでしょう。しかし、ソーシャルブックマークのようにネットでしか存在し得ないものであるなら、ロングテイルが見られるのは、使用者に占めるアーリーアダプターの比率が高い初期に限られることでしょう。その他の者の参加が増えていくにつれ、ロングテイルは次第にショートテイル化し、2:8へと収斂していくはずです。

以上、あくまで素人の思い付きですので、諸賢のご高見をいただければ幸いです。

本日のツッコミ(全11件) [ツッコミを入れる]
韓リフ (2006-08-23 13:14)

ロングテールをツインテールと間違えた時期がありました。

yagian (2006-08-23 13:42)

>ロングテイルとは一言で表せばアンチ2:8の法則

これには、やや誤認があるのではないでしょうか。

Web1.0でも、Web2.0でも、売上げの80%は上位20%のアイテムが占める、ということには変わりがないと思われます。
Web1.0では、アイテム数が増加すると売場面積の確保や管理のためのコストが増大するため、販売を売上げ上位のアイテムに絞り込むことによって利益率を高めることを目指していた(コンビニの売れ筋管理が典型的だと思います)けれども、
Web2.0では、アイテム数の増加がコスト増加に結びつかないため、個々の売上げが小さいアイテムを絞り込む必要が無く、ロングテール部分を扱っても利益率が下がらない、
ということかと理解しています。

「はてなブックマーク」において、20%のエントリーに80%のブックマークが付くのは不自然じゃないと思います。いままでのマスコミュニケーション中心の世界では目にすることができなかった、のこり80%のエントリーを見ることができるようになったことが、はてなのWeb2.0的な価値ではないかと。

ブタ (2006-08-23 20:42)

ロングテールからピッグテールをイメージしてました。

鍋象 (2006-08-23 22:25)

>yagianさん
ロングテールは2:8の法則(パレートの法則)の8サイドを発掘していくと、売上高が2どころか過半数を占めるようになる可能性について言及したものです。そういう意味ではアンチパレートの法則です。そして、「どうやらそれは間違いだった」という事に落ち着きつつあります。

コンビニやキオスク型の売れ筋管理は、2:8の法則の8を捨てて2に特化するところに肝があります。とはいえ、神様商品棚と言って極端に8側の商品も品揃えはしているんです。粗利も取れますし緊急避難で助かったという記憶が店舗の価値につながるのではずせないみたいです。というわけで、2に特化というのも10年ほど前に既に反省されています。

ところで、いくらアイテムを増やしてもコストが変わらないは言いすぎだと思います。アイテム数の増加はコスト増加につながります。ITで増加度合いが下がった効果はあります。これは管理コストの低下で少しずつですが効いています。Web2.0とかは関係ありません。昔から言われている多品種少量へのチャレンジです。

ところでパレートの法則は、層別に分類することで重点管理対象をはっきりさせて経営資源を選択投入するための手法の一つだと思っております。要するに2:8に綺麗にわかれるというわけではなく、「経営資源は売上高の8割を占めるところに集中させなさい。どうでも良いところに経営資源投入しているから、いくら一生懸命やっても成果が上がらないんだよ」と。

だから、状況が良くつかめていないのですが、はてなみたいな無償の場所で2:8の法則だロングテールだと経営学の用語を使うのはかなり違和感があります。


しかし命名に広告効果持たせるの、欧米人は上手いですね。こういう人達は、いっそコピーライターになったら良いのにと思ったりします。

bewaad (2006-08-24 08:12)

>皆様
ちょっと時間がなく、返答は明日にさせていただきます。ごめんなさい。

bewaad (2006-08-26 15:24)

>韓リフさん
ツインテイルよりポニーテイルがよいです(笑)。

bewaad (2006-08-26 15:36)

>yagianさん、鍋象さん
確かに経営において顕著に現れる事象ではありますが、無償だからといってなりたたない話ではないのではないでしょうか。とりわけ需要側のサーチコストや需要分布の制約が法則に多分に影響していることを考えれば、供給側の変化があったからといって、または無償だからといって、そんなに変わるものではあるまい、という気がします。

bewaad (2006-08-26 15:37)

>ブタさん
ごめんなさい、ビッグテールって何でしたっけ? 思い当たる節がない私にご教示いただければ幸いです。

鍋象 (2006-08-27 02:22)

>>bewaadさん
2:8の法則というのは、「上位2割が実は8割の重みを持っている事例が多く見当たる。」というものですから、はてなでそれが見つかるなら別にそれはそれで、「ああ2:8だね」という話です。

分布が「2:8の法則に当てはまるべきだ」「べきではない」という議論は無意味です。

という話です。

そして、経営学で2:8の法則を語るときは、普通は経営資源の選択投入のネタです。これは、2:8の事例を見つけたら「こうしなさい」という「べき論」です。

そして、2:8になっていないロングテールっぽい事例は結構あります。小売店の来客数と売上の関係は、投下金額順に上位から並べても、おそらく上位3割で売上の5割程度でしょう。所詮、そういう「視点」で眺めてはどうだ?という切り口の提供です。

鍋象 (2006-08-27 02:33)

ところで、「豚の尻尾」ではないかなと(謎

bewaad (2006-08-27 14:00)

>鍋象さん
いろいろ脱線してしまいましたが、エントリに立ち戻れば、はてなブックマークが衆愚化(当然ながらネガティヴな評価)していると嘆く人々は、ほんらいロングテイルであるべきなのにそうでない、と考えているのではとの趣旨でしたので、

>分布が「2:8の法則に当てはまるべきだ」「べきではない」という議論は無意味です。
ということでしたら、私がどれだけきちんと理解して書いたかはさておき、あながち外れということでもないのかな、というのは都合よく解釈し過ぎかもしれませんが。

ところで濁音と半濁音の違い、よく見ればそのとおりですね。ご指摘ありがとうございます(そして早飲み込みで変なリアクションとなりごめんなさい>ブタさん)。

本日のTrackBacks(全2件) [TrackBack URL: http://bewaad.sakura.ne.jp/tb.rb/20060823]

今ちょっと興味があるのは,Bewaadさんのところの韓リフ先生のコメント

ロングテールをツインテールと間違えた時期がありました。
http://bewaad.com/20060823.html#c01

において“ツイン

bewaad institute@kasumigaseki(2006-08-23) はてなブックマークの衆愚化とロングテイル http://bewaad.com/20060823.html まあ向こう三軒両隣の人が流入してきたら元からの住人には不愉快だろうな スペースノイドと重力に魂をな人の対立に近い関係ではある 行き着く先はWeb2...


トップ «前の日記(2006-08-22) 最新 次の日記(2006-08-24)» 編集