archives of BI@K

CSS: default alternative
(要cookie)

toppage memoranda

(ここはbewaad institute@kasumigasekiの過去ログ倉庫です。コメント等は仕様上受付けを停止しておりませんが、こちらではご遠慮いただければ幸いです。何かございましたら、現行サイトにお願いいたします。)

2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|

2007-02-07

[politics]続・柳沢厚生労働大臣発言

2/3に取り上げた「機械」発言に引き続き、また野党を騒がせる発言が出ました。

「女性は産む機械」と発言し釈明に追われている柳沢伯夫厚生労働相が、6日の記者会見で結婚したい、「2人以上子どもを持ちたい若者」を「健全」と表現したことが波紋を広げている。首相官邸は問題視しない構えだが、野党側は「子どもが2人以上いなければ不健全なのか」と一斉に反発。柳沢厚労相の辞任を求める動きがさらに勢いづいており、国会審議の正常化を前に新たな火種となる可能性もある。

(略)

■柳沢伯夫厚生労働相の6日の記者会見での主なやり取りは次の通り。

(記者) 少子化対策は女性だけに求めるものなのか、考えはいかがか。

(厚労相) 若い人たちの雇用形態が、例えば婚姻状況などに強い相関関係を持ち、雇用が安定すれば婚姻率も高まるような状況なので、まず若者に安定した雇用の場を与えていかなければいけない。また、女性あるいは一緒の所帯に住む世帯の家計が、子どもを持つことで厳しい条件になるので、それらを軽減する経済的支援も必要だろう。もう一つは、やはり家庭を営み、子どもを育てることには人生の喜びのようなものがあるという意識の面も若い人たちがとらえることが必要だろう。そういうことを政策として考えていかなければならない。他方、当人の若い人たちは結婚をしたい、それから子どもを2人以上持ちたいという極めて健全な状況にいるわけだから、本当にそういう若者の健全な、なんというか希望というものに我々がフィットした政策を出していくことが非常に大事だと思っている。

Yahoo!ニュース(毎日)「<柳沢厚労相>子ども2人以上「健全」発言、波紋に拍車」

雇用問題に着目した部分が注目を引かないのは嘆かわしい限りですが、今般の流れに即してそこは今回は措きましょう。流れに沿ってこの発言に対する野党の反応を報道から拾うと、次のようなものがあります。

これに対し、民主党の小沢代表は山形市での記者会見で、「(女性を産む機械に例えた)発言以来、『ごめんなさい』と言っているが、柳沢氏自身の意識や考え方、体質は変わっていない」と批判した。国民新党の亀井久興幹事長も記者会見で、「子供を1人しか作れない人々は不健全と言わんばかりの発言だ」と指摘した。

読売「柳沢氏の子供2人「健全」発言、野党が一斉に反発」

共産党の穀田恵二国対委員長は「1人だったら不健全、ゼロだったら不健全だと言いたいわけだ。全く反省していない」、社民党の福島党首は「子どもを持ちたくても持てなかった人や、持とうと思わない人に配慮がない」と批判。小沢、福島両氏と国民新党の綿貫代表の3野党党首は6日夜の会談で、改めて辞任を求めることで一致。首相官邸で塩崎官房長官に申し入れた。

朝日「「結婚・子2人は健全」 厚労相発言、与党内からも批判」

「2人以上持ってらっしゃる方は健全で、持てない方は不健全だという風に受け止められますので、極めて不適切な発言だと思います」(民主党・蓮舫参院議員)

TBS「厚労相の新たな発言問題、野党が批判」

この中で、国民新党の亀井久興幹事長、共産党の穀田恵二国対委員長、民主党の蓮舫議員による批判は、実際のところ批判になっていないと申しますか、柳沢大臣よりも考えようによってはひどい発言しているという自覚がないのがみっともないです。その点、社民党の福島党首はちょっぴり見直しました。

というのも、柳沢大臣が「健全」と冠したのは、あくまで子どもを2人以上持ちたいという意思の問題で、2人以上持っているかどうかという実際の子どもの数の問題ではありません。持ちたいというのが健全だというのであれば、不健全なのはあくまで持ちたくないという場合のことだというのに、持たない/持てない場合のことだと脳内変換するというのは、柳沢大臣への批判のごとく勝手に言葉から意思を忖度してよいのであれば、ご自身がそのような価値観をお持ちだからそう聞こえてしまうのではないでしょうか(笑)。

福島党首については、「持ちたくても持てなかった人」への言及はさておき、「持とうと思わない人に配慮がない」という部分に理解が及んでいるのは、この文脈からすれば大したものです。って、橋下弁護士流に言うなら「国語力」の問題で及第点を出せることをもって大したものと評してしまうとは、webmasterも野党に甘いなぁ(笑)。

蛇足ながら、穀田国対委員長以外の方々におかれましては、子どもを「作る」「持つ」という言い方自体、そっちの価値観からすればまずいんでないの、というのは揚げ足取りですかそうですか。

[BOJ][media]続・「中央銀行の独立性」フェチ

こちらは昨日の続きということに。

お公家さん集団‐。十数年前、日銀を担当し始めたころ、われわれは日銀職員らをそう呼んでいた。そこには、象牙の塔にこもっていて世間知らずという意味合いとともに、「通貨の番人」を務める日銀に対する畏敬の念が無意識のうちに込められていたように思う。だが、先月の利上げをめぐる議論で、自民党幹部らの横やりで市場からの信頼が揺らいだ日銀を見ていると、通貨の番人としての権威も信頼もすっかり失ってしまったようでがっかりしてしまう。

(略)

その真剣な議論が必要な政策決定会合に対して、自民党幹部らが外野から利上げに声高に反対するのは、金融政策の神聖さを汚す行為だ。(後略)

産経「経済ノート/お公家さん集団の誇りは?」

「畏敬」「神聖さ」ですか・・・日銀法を改正して、「日銀ハ神聖ニシテ侵スヘカラス」とでも規定せよとキャンペーンを張ってみてはいかがでしょうか(笑)。

本日のツッコミ(全29件) [ツッコミを入れる]
西麻布夢彦 (2007-02-07 08:00)

>柳沢厚生労働大臣発言
勉強だけ出来てバカな子っているのよね。

少し補足しておくと、個人の自由を重視する社会を作れば、出生率は下がるのが当然なので、「少子化」に対策を行うというのは、個人の自由を制限することでしかないのです。
「少子化」という政治課題は、個人の自由と国家の活力を、どうトレードオフするかの問題でしかないのです。
それを、個人が「何人産むか」という(狭い)視点でしか語れない時点で、柳沢先生は「先生」と呼ぶしかない大バカ者……
役人なら最適なんですけどね(役人の職責は、自分の職務を最大効率で執行することですから)。

西麻布夢彦 (2007-02-07 08:02)

さらに補足しておきますが、私は「役人はバカだ」と言っているのではありません。
政治家と役人では、求められる資質が異なるという話です。
※ここがお役人様のブログだというのを忘れてました。(^_^;

Baatarism (2007-02-07 10:13)

>西麻布夢彦さん
>少し補足しておくと、個人の自由を重視する社会を作れば、出生率は下がるのが当然なので、「少子化」に対策を行うというのは、個人の自由を制限することでしかないのです。

結局、そういうことになるんでしょうね。
その矛盾を解決する方法として有効なのは、出産(これには男性側の「タネ付け」も含む)や育児に対するインセンティブを増やしディスインセンティブを減らすことなのでしょうが、それを行うために必要となるのは結局のところ予算(それもかなり大きくなるでしょう)なので、「小さな政府」を善とする限りは対策を取りにくいのでしょう。そして予算を減らそうとすれば、個人の自由を制限するしかなくなるわけです。
「少子化対策」と「個人の自由」と「小さな政府」はトリレンマの関係にあるのでしょうね。w

アルフレート (2007-02-07 11:55)

移民をいれるという選択肢は頭から無視されている以上、「産めよ殖やせよ」に近い発想になるのはある程度はやむをえないとも思います。それとも、日本の有権者たちは、政治家から移民政策を提案されると喜んで移民受け入れに賛成するのでしょうか。いずれにせよ、非常に難しい問題です。

kumakuma1967 (2007-02-07 19:09)

どうやろうと「大きな政府」の仕事ですから、財源の必要の産む^H^H大小に関係なく、「小さな政府が善ならば少子化対策は悪」なのではないかと思います。
そういえば中国の一人っ子制作^H^H政策の行方ってどうなってるんでしょう...

地方公務員 (2007-02-07 23:50)

個人の自由の重視→出生率の低下?

それは「自由」のはき違えでは??

ところで、今日の報道ステーションで放映されていましたが、野党の重箱の隅突きは辟易しました。

ご本人が何度も謝っておられて、しかも世間的にご本人が追い込まれて反論できないことが明々白々なのを承知の上でありながら、「何が悪いと思って謝っておられるのですか?」など、いやらしさも度を超していますね。

「健全」発言は、その単語の選択はともかく、柳沢さんのご発言の意図することろのとおりであると思います。

bewaad (2007-02-08 06:13)

>西麻布夢彦さん
あくまでも、出産・子育ての機会費用>それによる効用、という大小関係が前提だということでしょう。現状そうでしょうから、理念的にはそうとは限らない、ということですが。

で、官僚出身の政治家に対して官僚っぽいといったところで、当たり前ではないですか(笑)。

bewaad (2007-02-08 06:14)

>Baatarismさん
移民の流入を自由化すればそれら三者はともに満たされますから、トリレンマではないでしょう(笑)。

bewaad (2007-02-08 06:14)

>アルフレートさん
実際問題として、移民受け入れは難しいでしょうねぇ。受け入れ段階では何かの拍子で盛り上がってOKということになるかもしれませんが、そのうち問題が百出して国粋主義政党がはびこるのが関の山でしょう。

bewaad (2007-02-08 06:17)

>kumakuma1967さん
一人っ子政策の行く末は、日本を上回る超高齢化・少子化社会であることは間違いありません。それが来る前にきちんとストックが整備できればいいのですが、そのハードルはきわめて高いでしょう。そのあたり、↓で論じたので、ご参考まで。
http://bewaad.com/20050413.html#p01

bewaad (2007-02-08 06:17)

>地方公務員さん
まああの質疑はいじめを想起させて已まないものはあります。調子に乗っているとそのうちしっぺ返しをくうのでしょう。

Baatarism (2007-02-08 12:24)

>bewaadさん
それは「あとは移民の皆さんに頑張ってもらうしかない」ということですね。w

竹馬 (2007-02-08 14:05)

一人っ子政策に関しては、一人っ子同士の結婚の場合、子供は二人までは、OKと友人の上海出身者達は言っていました。また、彼/女達は、「(周りの友人を含めても)子供を二人までは、絶対に欲しいし、作る予定だよ。」とのことなので、少なくとも都市部においては高齢化にある程度の歯止めがかかるのでしょうね。
(農村部では、極端な男女比の差が生まれていて結婚できない男性が急増とのことですが・・・)

日本でよく話題になる教育費については、「安価」とのことなので問題にならないのでしょう。また、双方の両親や親族からのフォローも期待できるようですし。

二人以上の子供を持ったときの負担感さえ無ければ、日本でも増えると自分は感じていますね。自分の宿舎の井戸端会議でも、欲しいけど先立つものがという意見も多いみたいですし。少なくとも役人の給料で三人目を持って、全員、自分が受けたのと同等以上の教育をなんて考えると無謀な予感が・・・・

二人目以降については、負担感が無くなる程度の所得税の控除額の増額、共済掛け金や学費への助成なんかがあれば、良さそうな気がします。

子供が欲しくても授からない夫婦への不妊治療への助成もセットでやれば感情的な問題もなさそうですけどね。

結局、大きな政府による予算措置しか無さそうですね。

ir (2007-02-08 20:09)

これはあくまでも個人的感覚になるんですけど。(論理学の世界でならともかく)通常の発言においてなにかを「健全である」と言ったとして、それは他のものを「不健全だ」と決めつけてると限らないんじゃないでしょうか。僕が「カレーライスは国民的食べ物だ」と言ったとして、「ならラーメンは非国民の食べ物だと言うんですか」とか聞く人がいたらとりあえずその人の正気を疑います。これと同じ程度の話じゃないかと。


>西麻布夢彦様
>個人が「何人産むか」という(狭い)視点でしか語れない時点で、柳沢先生は「先生」と呼ぶしかない大バカ者……

ずいぶんなおっしゃりようですけども、柳沢大臣は何度となく「個々人の話ではない」(大意)と強調して語っておられるんですが。批判するにせよもうちょっときちんと柳沢大臣の発言そのものをフォローすることをお勧めします。

というわけで、とりあえずここでもまた中川幹事長による記事(2/6付)
http://www.nakagawahidenao.jp/pc/modules/wordpress0/index.php?p=440
いい記事です。

(2007-02-08 22:02)

現実として若い夫婦が2人以上の子供を持つのが苦しいという経済的状況の中でも、2人以上の子供を持ちたいと希望するのはまさに健全な考え方だと思います。
政治家のなすべきことは、(けっして揚げ足を取り時間を浪費することでなく)そのような健全な考えが実現できるような社会的基盤を作ることでしょう。私の支払う税金がこのような馬鹿げたことに費消されるとは・・・

tanbry (2007-02-10 16:36)

初めまして。今年のセンター政経を受験したのですが、ちょうど皮肉めいた問題がありましたよ。33問目の4つのグラフ読み取り設問で、1981年以降の金利と、
外国為替(米ドル)相場、実質GDP成長率、実質民間設備投資伸び率、物価上昇率の関係を表した図がありまして、
選択肢が、
ゞ睛が高いほど、円高であるという傾向がある
経済成長率が高いときほど、金利が低いという傾向がある
6睛が低いほど、民間設備投資伸び率が高いという傾向がある
な価上昇率が高いときほど、金利が高い傾向がある
という問題でした。
ひょっとして問題製作者も日銀のあhうわなにをするやm

bewaad (2007-02-10 18:40)

>Baatarismさん
米仏という成功事例(?)がありますからねぇ。

bewaad (2007-02-10 18:41)

>竹馬さん
小さな政府としても、教育支援にヴァウチャーを使うとか、まああれこれやり方はあるのでしょう。

bewaad (2007-02-10 18:41)

>irさん
おっしゃるようなものをもうちょっと皮肉っぽくすると、↓のようなものになるのでしょうねぇ。
http://blog.livedoor.jp/warata2kki/archives/50832462.html

bewaad (2007-02-10 18:42)

>kさん
愛知県知事・北九州市長選挙の結果が後押ししたことは否めないでしょうから、それもマジョリティの選択(の一部)ではあるのでしょう。

bewaad (2007-02-10 18:43)

>tanbryさん
こちらこそよろしくお願いいたします。

その次の設問に、因果関係と相関関係の違いを問うものがあればよかったのに、と反射的に思いましたが、こちらの想定とは逆の回答だったりすると、よりろくでもないことになっちゃいますねぇ。

弥次郎兵衛 (2007-02-10 19:12)

> kさん
子供が欲しいとか欲しくないといった国民の内面に、大臣の立場にいる人が評価を下してしまったことこそ問題なのだと思いますが。国によってはゲイ団体にデモられかねない発言だと思います。

bewaad (2007-02-11 01:40)

>弥次郎兵衛さん
柳沢大臣を擁護する発言をみると、そうしたものが健全なのは当然じゃないか、という向きも少なからずいるようで、それはそれでなんだかなぁ、という気はするのですが。

ir (2007-02-11 10:30)

くだんの2/6閣議後記者会見の概要(発言自体はすでにあちこち貼られてますが、一応)
http://www.mhlw.go.jp/kaiken/daijin/2007/02/k0206.html

質疑応答の流れを見ると記者こそが政策に無関心だと感じます。だって大臣個人の進退だの資質の質問しかしないんだもの。大臣はまず雇用と結婚との相関とか家計とかマクロを語って、その枠組みの中で個人レベルの気持ちについて触れたに過ぎない。

あと思うのは、「結婚したい、子供を二人以上持ちたいというのは健全」という発言を端的に否定するなら「結婚したい、子供を二人以上持ちたいと考えるなんて健全ではないのだから大臣の発言はおかしい」と言うのが筋ではないかと。「人生の墓場に重石二個以上付けて喜んで入りたがる人が健全なわけがない、羽交い締めにしてでも止めてあげるべき」とかそんな風に。

(2007-02-11 11:31)

>弥次郎兵衛さん

国が予算を使って育児支援をするということは子作りに肯定的な評価をしているからなんじゃないでしょうか?発言内容がどうであれ予算をつけている以上はそういう風にとらえられると思います。特定のライフスタイルを肯定する発言の影響力より特定のライフスタイルへの予算配分のほうがよほど大きなお世話だと思うんですが。
肯定的な評価をしていないにもかかわらず、独身から子持ち世帯へ所得移転とすればそれこそ不公平でしょう。政治家というのはパイの奪い合い価値観の押し付け合いが主要任務なんだから中立的であっては仕事にならないものでは?あと芸だからといって子供がほしくない人ばかりではないので芸団体が抗議するとも限らないように思います。
野党のほうも前は「少子化対策が不十分だから産めないのに責任者の大臣が個人にがんばらせようとするのはけしからん」といってたのに、今は「子供を作らない人は健全でないのか」と言い出すのは筋が通ってないように見えます。本気であらゆるライフスタイルに中立であるべきと思ってるなら少子化や育児教育関連の予算は全廃して扶養控除もなくすべきでしょうに。

BUNTEN (2007-02-11 22:34)

◆ ir (2007-02-11 10:30)さん
http://bewaad.com/20070207.html#c24

>「結婚したい、子供を二人以上持ちたいというのは健全」という発言を端的に否定するなら「結婚したい、子供を二人以上持ちたいと考えるなんて健全ではないのだから大臣の発言はおかしい」と言うのが筋ではないか

マジに感じていたことが↑を見てやっと言葉になりました。m(_@_)m

多くの人が置かれているプアな状況で「結婚したい、子供を二人以上持ちたいというのは」子供を虐待同然の環境に置くことになるか、そうでなければ親が不健康で非文化的な最低限度以下の生活を送らざるを得なくなる可能性の高さ故に、正気を疑ってしまいそうになる考え方だと思います。

bewaad (2007-02-12 16:41)

>irさん
おそらくは一定水準の子どもの数にのみ「健全」の語を当てることへの批判でしょうから、そのような展開にはなっていないのが現状なのでしょう。

bewaad (2007-02-12 16:41)

>◆さん
>野党のほうも前は「少子化対策が不十分だから産めないのに責任者の大臣が個人にがんばらせようとするのはけしからん」といってたのに、今は「子供を作らない人は健全でないのか」と言い出すのは筋が通ってないように見えます。本気であらゆるライフスタイルに中立であるべきと思ってるなら少子化や育児教育関連の予算は全廃して扶養控除もなくすべきでしょうに。
この点には思いがいたりませんでした。おっしゃるとおりですね。

bewaad (2007-02-12 16:42)

>BUNTENさん
子どもを生むときの親の年齢からすれば、多くは合理的に行動するならやめた方がいい、という程度の収入しかないのでしょう。それよりも、その後の収入の伸びの期待値が下がっていることの方が、影響が大きいのかな、という気はします。


トップ «前の日記(2007-02-06) 最新 次の日記(2007-02-08)» 編集